Home > CurrentTopics > 田母神”論文”の投げた波紋が歴史的快挙だったと述懐できる日が来ることを願って

田母神”論文”の投げた波紋が歴史的快挙だったと述懐できる日が来ることを願って


マスコミやTVの雇われコメンテーターが嬉々として魔女狩りの如く、氏に追い込みをかけるのは全くもって気に入りませんが、田母神氏の更迭劇は、まぁ仕方がないかなとは思います。
ですから、これを言論弾圧だの封殺だの騒ぐのは得策ではないでしょう。
だって、この批判論を受け入れたら、職務中に国旗・国歌を貶める低能教師どもの”内心の自由”とか云うアホな言説も認めざるを得なくなりますからね。

自衛隊員、つまりは特別職の国家公務員には結構きつい権利制限があり、ましてや、氏はその最高幹部ですから、例えプライベートな投稿であっても公になるような言論に対し、大きなリスクが伴うことは致し方ありません。
政府見解は法ではありませんが、”悪法もまた法なり”なんです。

また、問題の懸賞論文ですが、世間は”論文”と云う言葉を安易に使い過ぎますね。
田母神氏には失礼かもしれませんが、あの原稿はどう見ても”レビュー(評論)”です。
おおよそ”学術論文”ではないので、とくに左派が言う”幼稚だ”とか”論文の体を為してない”とか云った批判は、それこそ幼稚な結果ありきの批判論で気にする必要はないと思ってます。

問題の核心はそんなことではないように思います。
あの政府見解を、まさに悪法と知りながらも(そう信じたい)、これを使って氏を切らねばならなかった日本のどうしようもない雰囲気、そしてそれを未だに見直す気配さえない政府・政治家の体たらくが筆者にとって一番の核心です。
田母神氏はそれを見誤ったのかもしれませんが、結果的に結構壮大な自爆となったこの更迭劇が歴史的快挙の端緒になることを、筆者は願って止みません。

大東亜戦争に対する歴史認識は”オールオアナッシング”の二元論で解決する問題ではないと思ってます。戦争責任論で云えば、田母神氏は多少誤解を受ける表現はあるにせよ、何も”ナッシング”と言っておられるわけではありません。
その意味では、筆者は氏の言説に賛同するものです。


反日プロパガンダに対抗する!!
映画「南京の真実」にご協力下さい

南京の真実

にほんブログ村 政治ブログへ

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://trekky.sakura.ne.jp/logs/sb.cgi/485
Listed below are links to weblogs that reference
田母神”論文”の投げた波紋が歴史的快挙だったと述懐できる日が来ることを願って from もののふのこころ
トラックバックはありません。

Home > CurrentTopics > 田母神”論文”の投げた波紋が歴史的快挙だったと述懐できる日が来ることを願って

Access

今日のカウンタ
昨日のカウンタ
Search
Feeds

Page Top