Home > ImperialFamily > 逃げる沖縄タイムス記者と秘められた先帝陛下の御心-二動画の紹介

逃げる沖縄タイムス記者と秘められた先帝陛下の御心-二動画の紹介


最近、サボり気味だったYouTubeへの動画アップですが、久々に皆様にご覧いただきたい動画がチャンネル桜より公開されましたので、付けましたキャプションと共に紹介させていただきます。ついでですが、チャンネル桜 So-TVも宜しくお願いいたします。

議論に負けた沖縄タイムス某記者、コソコソ船に乗り逃げ

「11万か2万か?、どちらがより説得力があるのかは明らかなんだけど・・・この記者、最初は自信満々なれど、井上和彦氏の一喝で徐々に後退していき乗船を理由に逃げていきましたとサ。
軍による強制があったと言う人がいることは別に構わないが、これもどちらが正しいのかは公平な歴史判断に任せねばならないのであって、決して声の大きいほうが真理とは限らないのである。
分かった? 某沖縄タイムス記者さん?」


先帝陛下が殉国七士を親拝された事実-秘史を明らかに!

「ゲストの若狭氏に依ると、昭和54年の5月、愛知・豊田市で開かれた植樹祭にお出ましになった先帝陛下が、わざわざ不便な"グリ ーンホテル三ヶ根"にお泊りになられ、早朝に同地にある殉国七士(いわゆるA級戦犯)の墓碑に向かって長い間直立不動の姿勢をとっておられた事実があるそうだ。
昭和帝がA級戦犯を忌避しておられたとは笑止と述べる若狭氏。
GHQの悪意により、七士が処刑された12月23日は今上陛下のお誕生日。多くの国民が祝賀してくれる日を慰霊の日にするのは先帝としては当然忍びないお気持ちであったことは自明のこと。
畏れ多いことだが、私も上記のことは先帝なりの慰霊をしておられたの だ、と思う。」
--------------------
チャンネル桜 第20回「爆弾!」
「日本人が知ってはならない歴史-今までの「定説」が覆る!?」より抜粋。
ゲスト:
若狹和朋(元九州大学大学院客員教授・教育学博士)
東條由布子(東條英機元首相御令孫・NPO法人「環境保全機構」理事長)
司会:井上和彦


*ちょっと忌まわしいオマケ動画(先帝に関するいいお話の後で申し訳ないです)
以下は胸くそ悪いので埋め込みは致しません。
はっきり云ってここまで来るとカルトです。こういう自傷過剰な人は日本人の恥ですね。
ず~っと自虐の瞑想世界で迷走してなさい。

有良知的20多位日本人来南京謝罪,墓前哭泣。(Japanese apology, weeping)南京大虐殺


反日プロパガンダに対抗する!!
映画「南京の真実」にご協力下さい

南京の真実

にほんブログ村 政治ブログへ

Trackback:1

TrackBack URL for this entry
http://trekky.sakura.ne.jp/logs/sb.cgi/472
Listed below are links to weblogs that reference
逃げる沖縄タイムス記者と秘められた先帝陛下の御心-二動画の紹介 from もののふのこころ
胡錦濤総書記来日と加藤紘一代議士の企み from 陸奥月旦抄 2008/02/29 01:08 PM
 4月の胡錦濤総書記来日へ向けて、政府内で色々な動きがあるようだが、私はうんざりした思いである。胡錦濤総書記は、1980年代の末、自分が管轄するチベットで住民に徹底的な弾圧を加え、多数の犠牲者を出し...

Home > ImperialFamily > 逃げる沖縄タイムス記者と秘められた先帝陛下の御心-二動画の紹介

Access

今日のカウンタ
昨日のカウンタ
Search
Feeds

Page Top