Home > Misc.Impressions > 殉国七士の眠る興亜観音

殉国七士の眠る興亜観音


いつもの出張の折り、週末を利用して東京に三泊し、予てから伺うつもりでおりました熱海の興亜観音に参拝させていただきました。
熱海までは、めんどくさいので東京から新幹線で行きましたが、熱海駅に着くと運悪く(興亜観音方面の)伊豆山バスは出たばかりで(一時間に一本って・・・)、待つのがこれまためんどくさいのでタクシーで行きました。

ところが、タクシーの運転手さんは可成りのベテランぽく見えたのですけど、興亜観音を知らない(?_?)と云うオチに少しズッコケながらも、無線で連絡をとりながら何とか到着。
結構、息を荒くしながら山を登っていくと、HPで見た陶器の観音様が鎮座されており、写真を撮っているところでご住職(先代住職のご長女)にお声を掛けていただき、色々と説明を受けながらお話をさせていただきました。

kannonsama.jpg

怨親平等の観音様、興亜観音

興亜観音の詳細についてはHPを参照していただくとして、ここは昭和殉難者(正式には法務死亡者、いわゆるA級戦犯)である殉国七士の方々のご遺骨が眠っておられる場所です。
ご住職の説明を受けながら順にお線香をあげて、静かに合掌しますと、靖国神社参拝とはまた違った感慨が湧いてきます。
多くは語るまい、いつの日か、陛下のご親拝が叶うことがあらばと願いました(ご親拝と言っていいのでしょうか?)。

sitisinohi.jpg
殉国七士の碑です


ところで、ご住職から映画「南京の真実」について耳寄りなお話を伺いました。
映画の配役(キャスト)についてなんですが、「つい先日、映画で松井(石根)大将役を演じられた俳優の浜畑賢吉さんがお参りにお出でになりました」とのこと。
配役・撮影に関しては色々と難航を極めているとのお話を聞いておりましたので、ベテラン俳優で靖國神社とも所縁のある浜畑さんならと納得した次第です。
本堂の中に松井大将が着ておられた外套が飾ってあるのですが、浜畑さんが着ると、まるで測ったかのようにジャストサイズだったとか。
「きっとご縁があったのでしょうね」と仰るご住職に同意することしきり。

お茶と飴をいただいた後、賽銭箱に些少額を感謝させていただき、御礼を述べて観音様を後にしました(今度はちゃんとバスで)。
東京に戻った後、これまた全くもって似つかわしくないジャズライブで乗りまくったのはナイショです(於 新宿ピットイン)。

fuukei.jpg
風光明媚なところでした


映画「南京の真実」のキャストについてはHPを見ると、”キャストは近々公開!”とありましたので、公表は拙いかな?と思いましたが、浜畑賢吉氏のHPには堂々と「11月6日より、映画「南京の真実」松井石根大将役で出演。頭を五分刈りにしました。」とあったのを発見して公表させていただくことにしました。


反日プロパガンダに対抗する!!
映画「南京の真実」にご協力下さい

南京の真実

にほんブログ村 政治ブログへ

Trackback:1

TrackBack URL for this entry
http://trekky.sakura.ne.jp/logs/sb.cgi/448
Listed below are links to weblogs that reference
殉国七士の眠る興亜観音 from もののふのこころ
中国遺棄兵器処理問題 from 反日ワクチン 2007/12/01 08:23 AM
我々国民の一兆円とも言われる莫大な税金が捨てられようとして今問題になっているにも拘わらず、マスコミがほとんど取上げない遺棄兵器処理問題について

Home > Misc.Impressions > 殉国七士の眠る興亜観音

Access

今日のカウンタ
昨日のカウンタ
Search
Feeds

Page Top