Home > Misc.Impressions > Desperado

Desperado


Desperado, why don't you come to your senses? ~ で始まるイーグルスの名曲、デスペラード(邦題:ならずもの)。
拉致被害者の蓮池薫氏が捕らわれの地の闇市で手に入れ、こっそりと聴いていたと云う曲。氏はこの曲を聴きながら、きっと強烈な望郷の念に駆られ、同時に何度も絶望感を味わったのだと思う。
デスペラードを辞書で引くと、「ならずもの、無法者」と云う訳ばかりだけど、私の中では「まっ 世の中、こんなもんさ」と、自分の殻に閉じこもる”ひねくれ者”をイメージしてしまう。
蓮池氏は、いつまで経っても助けに来ない祖国に対して、望まずしてデスペラードになってしまったのだろう。

でも彼は二十数年ぶりに救われ、今は愛する家族と共に祖国・日本に暮らしている。
本当に良かったと思う。

一刻も早く、他の拉致被害者の方々も救ってあげたい。
「ならずもの、無法者」などと云う言葉なんかではとても形容し難いほど悪辣な独裁者の気まぐれのために、今も、多くの方々が北の地で孤独と必死に戦っている。
自らの意思でフェンスから降りることを許されない彼らは、今も祖国の助けを必死の思いで待っている。
Before it's too late ...(手遅れにならないうちに・・・)

-----------------
Desperado, oh, you ain't gettin' no younger
Your pain and your hunger, they're drivin' you home
And freedom, oh freedom well, that's just some people talkin'
You're prisoner walking through this world all alone

デスペラード、君はもう若くないんだよ
痛みや空腹を覚えると家に帰っちゃう
そう、よく自由を求めてって、そんなこと言う人もいるだろうさ。
君って、この世をたった一人で歩いている囚人だよ

Don't your feet get cold in the winter time?
The sky won't snow and the sun won't shine
It's hard to tell the night time from the day
You're losin' all your highs and lows
Ain't it funny how the feeling goes away?

冬になると足が冷えるだろ?
雪も降らないし、太陽も輝かない
夜も昼も分からない
気持ちの高ぶりも落ち込みも失っちゃって
感情が消え失せるって、おかしなことだと思わないのかい?

Desperado, why don't you come to your senses?
Come down from your fences, open the gate
It may be rainin', but there's a rainbow above you
You better let somebody love you, before it's too late

デスペラード、いい加減、気づいたらどうなんだい?
さあ!フェンスから降りてゲートを開けなよ
雨が降っているかもしれないけれど、虹だって君の上にあるだろ
誰かが君を愛してくれるようにした方がいいよ、手遅れにならないうちにね

-----------------

Eagles Desperado


Linda Ronstadt & The Eagles Desperado

(オリジナルよりこっちの方が好きだったりします)


反日プロパガンダに対抗する!!
映画「南京の真実」にご協力下さい

南京の真実

にほんブログ村 政治ブログへ

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://trekky.sakura.ne.jp/logs/sb.cgi/445
Listed below are links to weblogs that reference
Desperado from もののふのこころ
トラックバックはありません。

Home > Misc.Impressions > Desperado

Access

今日のカウンタ
昨日のカウンタ
Search
Feeds

Page Top