Home > Politics > 閉塞感

閉塞感


福田首相がワシントン入りしたようですが、日本のアジア外交の重視なんてのはアメリカには願ったり叶ったりで理解なんかわざわざ求めに行くような代物ではないでしょうに。
まぁ一番重要な目的は米国様に忠犬ぶりを示しに行くことなので、テロ指定解除のことなんか、ただの名目議題でしょうな。要はポーズですね。

福田首相ワシントン入り、17日未明首脳会談へ

福田首相は15日夕(日本時間16日朝)、政府専用機でワシントン郊外のアンドルーズ空軍基地に到着した。16日午前(同17日未明)に、ホワイトハウスでブッシュ大統領との初の首脳会談に臨む。

首相は会談で、日米安保体制の強化とともに、アジア外交を重視する自らの外交方針を説明し、理解を求める。海上自衛隊がインド洋での給油活動から撤収した問題では、今国会で新テロ対策特別措置法案を成立させ、活動を早期に再開する決意を伝える考えだ。このほか、米国による北朝鮮のテロ支援国指定の解除問題や在日米軍再編・駐留経費問題、米国産牛肉の輸入問題など、両国間の懸案について協議する。

首相は17日深夜に帰国し、19日から東南アジア諸国連合・日中韓(ASEANプラス3)首脳会議など出席のため、シンガポールを訪れる。


国会(政治)は相も変わらず、どうでもいいような便宜疑惑にマスコミ共々狂走し、国家主権根幹への侵害に未だに真剣に取り組む姿勢すら見えてこない。横田めぐみさんが拉致されてもう30年も経つというのに、この体たらくの原因は何だろうか。
こんなことで、北ごときに事大しようとしている米国にもの申せるはずもなし、閉塞感だけが残る。

米国のお為ごかしを知りながらも、それでも、ご高齢の飯塚さんが10時間以上も飛行機に揺られて彼の地に行かなきゃならない理由を考えるとき、日本人として大変申し訳なく思います。
つい先程見た、現地での飯塚さんへのインタビュー。
飯塚さんの落胆ぶりを、どれだけの政府関係者が自分のこととして理解するのか?、今後の真の進展はこれにかかっているような気がするが、相変わらず閉塞感だけが残る。


反日プロパガンダに対抗する!!
映画「南京の真実」にご協力下さい

南京の真実

にほんブログ村 政治ブログへ

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://trekky.sakura.ne.jp/logs/sb.cgi/444
Listed below are links to weblogs that reference
閉塞感 from もののふのこころ
トラックバックはありません。

Home > Politics > 閉塞感

Access

今日のカウンタ
昨日のカウンタ
Search
Feeds

Page Top