Home > Oversea > 賭す対象が違うって、安倍総理

賭す対象が違うって、安倍総理


小泉前総理の頃の対米従属ならば、対北対策とのバーターという意味で誤魔化すことも出来たかもしれません。しかしながら、それがもう実質的に望めない状況に至っての発言では、犬にも失礼なほどの謬った忠犬ぶりを内外に晒け出したに過ぎないものと考えます。要するに盲目的対米従属がばれてしまったと云うことですね。

安倍首相「海自の給油活動継続できねば退陣」

現況で、金正日を武力、または武力を背景とした危急の圧力以外で倒すことは極めて困難です。軍事力を使えない今の日本が、誠意など通じない鬼畜集団に対して出来ることは、世界一の軍事力を持つアメリカに睨みを利かしてもらうよう仕向けることしかありません。
悲しいかなこれが現実です。
もし間違っていると言うなら、米朝の宥和促進によって日本の要求が更に無視されるようになった明快な理由を求めたいところです。アメリカの後ろ盾を失った日本など取るに足らない相手だと見透かされている、と云うことだと思います。

ではどうすればいいのか?
外交が戦争の一形態ならば、日本はアメリカとも外交という戦争を行わなければならないでしょう。それを行わない只の対米従属では国際社会からの信用なんかよりもっと大事な国益を失います。
どうして?テロ特措法の延長と対北政策の宥和促進停止を取引しないのでしょうか。
昨日、たかじんの番組でも評論家の宮崎哲哉氏が言ってましたね。
小沢民主党の対米政策を逆利用する知恵が何故働かないのか?

今更、確信犯に何を言ってもしょうがないでしょうけど、安倍総理は賭する相手を間違えている。


反日プロパガンダに対抗する!!
映画「南京の真実」にご協力下さい

南京の真実

ニコ動に登録されている方は以下ももよろしく!


Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://trekky.sakura.ne.jp/logs/sb.cgi/436
Listed below are links to weblogs that reference
賭す対象が違うって、安倍総理 from もののふのこころ
トラックバックはありません。

Home > Oversea > 賭す対象が違うって、安倍総理

Access

今日のカウンタ
昨日のカウンタ
Search
Feeds

Page Top