Home > Politics > 幻の保守内閣

幻の保守内閣

「総理車両、入ります!」と私服警察官の声。
と、そこへ三台の高級車。
入っていったのは・・・千鳥ヶ淵でしたとさ。

今日は皇居沿い(日本橋の宿から)を歩いて靖国に向かいましたので、偶然、北の丸の入り口で上を目撃しました。
そこから僅か数百歩の距離なんですけどね。
このヘタレ総理にとってはあまりに険しい数百歩のようです。

まずは通常の参拝を経て、午後一時過ぎより西村眞悟衆院議員と共に昇殿参拝をさせていただきました。
西村幸佑氏(ジャーナリスト)、さかもと未明氏(漫画家)、小山和伸氏(神奈川大学教授)も列に加わっておられました。

ザッと見回した限りでは500人以上は居たでしょうか、眞悟議員を先頭に参道を歩くと所々で周りからの拍手がありました。

この人はもっと評価されてよい人です。

高市大臣の参拝にも出会しました。
スタンドプレーとも云われてますが、ここは素直にグッジョブ!、有り難う!

それに引き替え、安部総理については何処かの詐欺師と同様、完全に見限りました。

何を今更と仰いますな、何のことはない、安部内閣とは近年希にみるほどのリベラル、似非グローバリストの集団だったということです。

筆者は本来、8.15参拝派ではありませんが、今年だけは今日のこの日に行って欲しかった。
この後、殆ど死にかけの体で秋の例大祭辺りに参拝したところで、英霊に失礼なだけです。

筆者の望む憂国の保守内閣はもう幻でしかないのでしょうか?、これからの展開がはっきり云って怖ろしいです。


ちょっと気分を変えて・・・
今、NHKで札付きの番組「日本のこれから」がやってます。
単純に右・左で分けるのは些か気が引けるのですけど、右は現実的で理知的、左は幼稚で感情的と云ったところでしょうか。
取り敢えず、左の方々の多くが「隷属の平和」も平和のうちだ、と考えていることがよく分かりました。

それにしても、細川さん(ほそかわ・かずひこの BLOG)、頑張ってますね。
幼稚な方々を相手にご苦労様です・・・正論も通じません。

未だ盆明けではありませんが、ついついエントリーしてしまいました。


反日プロパガンダに対抗する!!
映画「南京の真実」にご協力下さい

南京の真実

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://trekky.sakura.ne.jp/logs/sb.cgi/431
Listed below are links to weblogs that reference
幻の保守内閣 from もののふのこころ
トラックバックはありません。

Home > Politics > 幻の保守内閣

Access

今日のカウンタ
昨日のカウンタ
Search
Feeds

Page Top