Home > Oversea > ますます巧妙化する対日言論工作か?

ますます巧妙化する対日言論工作か?


今日、昼休みに見たTBSのピンポンと云う番組で標題通りの感想を得たわけでして。
考えすぎと言われればその通りかもしれませんが、ことが中共絡みなので、多少妄想気味になるのはお許し下さい。

その番組では「トラブル続出中国食品安全性は今」なんて特集をやっていたわけですが、そこで張景子なる何とも怪しげな女性がこれまた何とも日本人の感情を逆撫でる発言をしてたわけであります(日中韓研究家?)。
筆者は何気に疎いものですから、この張景子と云う人物を知らなかったんですけど、他の番組でも結構、香ばしい発言をしているようですね。
その張氏の発言大意を述べると以下のようになります。

現状の中国はちょうど終戦後の日本のように急速な発展途上段階(改革開放政策をとって未だ20年!)にあるので、これぐらい(つまりは段ボール肉まんや毛髪醤油等々のこと)のことは仕方がない!! よって日本は同様な状況を通り抜けてきたよしみで(何故か?)中国と共に考え、解決に協力しなければならない。


多分こんな感じに要約できると思います。まさに「はぁ!?」と云う感じであります。
以前にも少々、このことには触れたとは思いますけど、この手の発言はこの手の議論が出ると決まって左派側が反論するテンプレートであります。要するに、「昔の日本だって酒にメタノールを入れて売ってたろうがぁ! 人のこと言えんのか? おぅ!!」と云うパターンですね。

これは時系列や時代背景、文化的熟成度を意図的に無視した似て非なる非相対化事象だと思ってます。
さすがにこれには同ゲストの宮崎哲哉氏が上の文化的熟成度と時代のアンバランスさを理由にして有効な反論を為してましたが、当の張氏、今度は時代を現在に進めてミートホープの一件を出してブツクサ言ってました(いやいやレベルと規模が違いすぎますって!、それにそんなものを他国に輸出しましたか?)。

張氏の異次元的発言については議論するまでもないのでここまでで終わりです。
問題はこうしたぶっ飛び意見に対し、反対意見を出す側が日本人ではなくて同じ中国人であることです。その反対意見、つまりは「中国 けしからん!」と云う意見を示すのが中国人作家の莫邦富(モーバンフ)氏でした。
この莫氏、先頃の「たかじんのそこまで言って委員会」で中国人スパイとして名指しされた人物の一人ですが、それを払拭するかのような意見でした。尤も、このことは後で同番組司会の辛抱氏が”事実無根の話しだった”として正式に謝罪してましたが・・・さて真実は?

同番組ではこの莫氏と”葉っぱ”こと葉千栄氏の二人が名指しされていましたが、筆者はもう一人、朱健栄氏を加えた三人が、やはり中国共産党の代弁者だと見ています。
彼らに共通するのは表層的な中共批判をやりながらも、その責任を次第(巧妙)に日本に押し付けて(責任転嫁して)くるところです。
例えば靖国参拝論議では中国政府は了見が狭いとソフトに批判しながら、只の反日政策に過ぎない参拝反対をいつのまにやら中国人民の心情にすり替え、日本はそれを理解すべし!とくるメソッドです(まぁ一部の左巻き日本人も同様ですけどね)。
何だか、嘗(かつ)て周恩来が使った中共伝統の手法、”日本国民は悪くない、指導者が悪かっただけなのだ!”的雰囲気のあるフェイク技法ですね。

さて、こうした手法の発展系を、同じ中国人である張氏と莫氏の議論に観ることができるように思います。つまり、一人の中国人に怪しまれるような曖昧な意見を述べさせるのではなく、中国人二人に明白に対極にある意見を述べさせ、如何にも中国には言論の自由があるかのように視聴者に振る舞う手法です。これは中共にとって、本音と建て前の両方を同時に日本側に伝え、かつ常に批判される言論の自由への有効な対策になる、なかなか狡猾な方法だと思います。

まぁ単なるTV的味付けの一つだよと言われればそれまでですけどね。
取り敢えず、何となく番組を見ていて、張景子氏の非常識発言に怒りながらも上記のようなことを考えた次第です。
お粗末様でした。


お口直しと言っては何ですが、最近、徐々に都合の悪いものを消していってると指摘されるYou Tubeをば。


維新政党・新風 決死の政見放送(瀬戸氏演説部分 抜粋 NHK)

あの中国・韓国・・はぁーと♪のNHKでよくぞ言ってくれました。でもちょっと、瀬戸さんは緊張気味でしたね。また、その主張は良いのですが、いくらなんでもアメリカ国旗にハーケンクロイツは拙すぎました(削除されたようです)、何処かの三流国家とは違うんですから。

更におまけです(筆者のお気に入り、いずれ消されても文句は言えませんが・・・)。

"Chega De Saudade" Steve Gadd


"Manha De Carnaval" Sadao Watanabe & Toquinho


You Tubeは尽く消されるので上記表示サイトにアップしてみました(ここもわかりませんが・・・)。なんでも、政見放送についてはNHKにコピーライトは無いとか聞きました。今回の削除、本当は新風のみを削除したいところなんでしょうけど、言い訳用に政見放送自体を全削してますね。なんかNHKの意図が手に取るように分かっちゃうなぁ。


↑皆様の憂国の一撃!クリックが日本を良くします


反日プロパガンダに対抗する!!
映画「南京の真実」にご協力下さい

南京の真実

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://trekky.sakura.ne.jp/logs/sb.cgi/422
Listed below are links to weblogs that reference
ますます巧妙化する対日言論工作か? from もののふのこころ
トラックバックはありません。

Home > Oversea > ますます巧妙化する対日言論工作か?

Access

今日のカウンタ
昨日のカウンタ
Search
Feeds

Page Top