Home > Oversea > 総連への追及はどこまで為されるのか

総連への追及はどこまで為されるのか


最近、定期的に入れられている朝鮮総連へのメス、確かに非常に結構なことだと思います。摘発される毎に、次から次へと連鎖的に北に対する資金源としての総連の役割が明らかになってきているのでしょうね。

朝鮮総連北海道本部を捜索 ジンギスカン店主ら逮捕へ  

札幌地検と北海道警外事課は5日、数千万円を脱税したとする所得税法違反などの疑いで、札幌市のススキノにある有名ジンギスカン店「だるま」や同店経営者が幹部だった在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)北海道本部、朝鮮総連系の在日本朝鮮人北海道札幌商工会など約10カ所の捜索を始めた。

 経営者や商工会幹部ら計4人を取り調べ、容疑が固まり次第逮捕する方針。  

札幌地検は脱税した金が総連を通じて北朝鮮本国に流れていた可能性もあるとみて調べる。警察当局も北朝鮮に関係する金をめぐる事件を積極的に摘発する方針を示しており、兵庫県警が昨年12月から今年1月にかけ、兵庫県商工会幹部らを税理士法違反の疑いで逮捕している。

 関係者によると、経営者らは札幌市中央区のススキノにある本店と支店のジンギスカン店2店の売り上げを少なく見せ掛け、数千万円を脱税した疑惑が持たれている。商工会幹部は無資格で税理士業務を引き受けた上、経営者から寄付名目で多額の金を受け取っていた疑いがある。

 札幌国税局の告発を受け、同地検が調べていた。捜索には同国税局も加わっている。

 ジンギスカン店は、雑誌などに頻繁に紹介される老舗で、近年のジンギスカンブームの草分け的な存在。


脱税と云えば、総連系のパチンコ、サラ金等には一体いつになったらメスが入るのかな?、こちらの方が金額としては莫大だと思うのですけど、果たして・・・。
こうした周辺部からの攻勢はどんどんやるべきではありますが、いわゆる末端のみを幾ら潰しても、それは中心に座る巨悪を叩く前哨戦でしかなく、それをやらない限り、警察庁及び政府の本気度は見えてきません。それに、拉致幇助という最大の闇が未だ控えてます。

北は次回の六者協議で1993年に行われた米朝枠組み合意に似たふざけた要求をする様な雰囲気ですけど、アメリカはどう出るのでしょうか?
この誤った路線に(どうなるのか分かっていて)再び乗ってしまうのか、それとも、それを蹴って、裏で軍事制裁をちらつかせながら強硬路線を強化するのか・・・今、後者を予想するのは親米派にも少ないのではないでしょうか。
困ったことです。

翻って日本は今のところ、拉致問題に基軸を置き、あくまで制裁を緩めることはないと言っているようですけど、楽観は出来ませんよね。
他の参加国が核問題で一致を見たとき、日本だけが拉致を理由に駄々を捏ねているように見えるようにマスコミ等も操作するでしょうし、何よりも、未だにあの平壌宣言を破棄しない生煮え姿勢ではそう疑われても仕方ありません。

朝鮮労働党機関誌である労働新聞が以下のことを真顔で主張するのは、明らかに平壌宣言の一方性を物語っているわけです。

「拉致問題で過去清算を回避」労働新聞が日本批判

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は4日、日本が拉致問題を取り上げていることについて「過去の清算を回避するための卑劣な術策だ」と強く主張した。

 同紙は、先ごろ西欧4カ国とフィリピンを歴訪した安倍晋三首相が先々で拉致問題を取り上げ北朝鮮制裁と圧力の国際化を画策したとし、「すでに解決済みの拉致問題で、世界各国を騒いで回っている」と批判した。過去に日帝が朝鮮とアジア各国で犯した罪の歴史を隠ぺいし清算を回避しようという陰険で凶悪な思惑が隠されていると指摘している。
日本の狡猾(こうかつ)で不快な行動が朝鮮人民の日本に対する憤りや復讐(ふくしゅう)心を激発させていると述べ、こうした卑劣な策を直ちに中断すべきだと力説した。


「すでに解決済みの拉致問題」と云うのは明白に一方的な主張ではあります。しかしながら、平壌宣言をよく読むと分かりますが、我々がどう思おうと彼らにしてみれば今の日本は明白にこれに違反していると思われても仕方がない内容です。
だからこそ、北がミサイル乱射や核実験を行ったときにキッパリと無効化しておくべきだったのです。
この宣言を擁護する連中は話し合いの糸口を摘まないとか、もっともらしい理由を云いますが、これをベースに行う話し合いは必ずや上のような「過去の清算」の枕詞が付くことになり、日本側が有利な俎上に乗ることはまずありません。

本当の交渉は北が根を上げたときに初めて為されるものですから、その為に日本政府は六者協議の結果に惑わされず、平壌宣言を破棄し、北への最大の援助メカニズムであるパチンコ、サラ金業界にメスを入れて粛々と制裁の段階を強める必要があります。

彼ら、総連への締め付けに対しては、今のところ、国内の異常に分かりやすい北親派海外の北絡み団体が非難の声を上げているに過ぎませんが、上記を行うことはそれとは比較にならないほどの抵抗があるものと考えられます。
云ってみれば、日本が戦後、積み重ねてきた負の歴史が一挙に攻撃してくることでしょうね。

それを考えると悲観的にならざるを得ませんが、きっと、これをやらない限り、日本国民の大多数の望む拉致問題の解決は為し得ないような気がします。

この先の総連への捜査は、これらの日本の覚悟を図る一種のバロメーターになることでしょう。



筆者は何を隠そうストーンホルダー(結石もち)でありまして、ここのところ、それが悪さをしでかしてるせいか(その痛みで)落ち着いて仕事が出来ません。
そんなわけで、近いうちにこの憎き石野郎を破壊すべく作戦行動に出ますので、ブログ更新の方も暫し途絶えるかもしれません(要は衝撃波破砕等の施術を行います)。

忘れ去られないよう早期の再開を心懸けますので、今しばらくの休養をお許しいただきます。



↑皆様の憂国の一撃!クリックが日本を良くします


反日プロパガンダに対抗する!!
映画「南京の真実」にご協力下さい

南京の真実

Trackback:2

TrackBack URL for this entry
http://trekky.sakura.ne.jp/logs/sb.cgi/397
Listed below are links to weblogs that reference
総連への追及はどこまで為されるのか from もののふのこころ
次期主力戦闘機はF-22Aに決定か? from 現役雑誌記者による、ブログ日記! 2007/02/09 12:48 PM
TBさせていただきます。ベトナム戦争時代の遺物的存在だったF-4ファントムが老朽化のため2008年に完全廃棄される。 防衛省はすでに2005年から2009...
【竹島は?】安倍首相は「保守」なのか!?【パチンコは?】 from 日々是勉強 2007/02/20 01:59 AM
  安倍晋三首相に対する支持が、当初より弱まりつつあるようです。安倍不支持40%超、支持を逆転http://www.sankei.co.jp/sei...

Home > Oversea > 総連への追及はどこまで為されるのか

Access

今日のカウンタ
昨日のカウンタ
Search
Feeds

Page Top