Home > Oversea > 日本の超保守主義者は大虐殺を否定するか最小化する

日本の超保守主義者は大虐殺を否定するか最小化する


このタイトルは、映画「NANKING」の紹介サイトにあるSynopsis(要約)の一文の日本語訳です。云われ無き汚名を晴らすという当たり前の行為が超保守的とは笑えます。国内的には、さしずめ「極右」か「ネトウヨ」と云ったところでしょうが、勝手にレッテル張り如きはさせておきましょう。

上記のサイトとサンダンス映画祭の「NANKING」フィルムガイドを読んでみましたが、まぁ予想通りの内容だったので別に驚きはしませんでした。とくに、前者のサイトは在米華僑グループの支援サイト内に設置されているそうですから、反日色が濃いからか、目が廻りそうになりましたので、後者のフィルムガイドを愚訳と共に一部引用して見ましょう。

---------------
In the winter of 1937, an invading Japanese army entered the Chinese city of Nanking and proceeded to obliterate the helpless population.Two hundred thousand were killed, and tens of thousands of Chinese women were raped.
---------------
1937の冬に、侵略日本軍は中国・南京市に入り、無力な市民を抹殺し始めた。20万人が殺され、また何万もの中国人女性がレイプされた。
---------------
---------------
In the midst of this mayhem, a small group of expatriate Westerners -missionaries, businessmen, college professors, and doctors- attempted to create an oasis of safety to protect the citizens they could. It is through their eyes, by means of letters, diaries, and other reports of the destruction, that filmmakers Bill Guttentag and Dan Sturman reveal the events of that terrible time.
---------------
この暴力(殺戮)の最中に、駐在欧米人ら(宣教師、ビジネスマン、大学教授及び医師)の少人数のグループは、(保護可能な)市民を守るために安全のオアシス(安全区)を作ることを試みた。手紙、日記、他の破壊に関する報告により彼らの目を通して、(映画製作者の)ビル・グッテンタークとダン・スターマンがその恐怖の時の出来事を明らかにする。
---------------

「無力な市民??」、「20万人が殺され??」、「何万ものレイプ??」・・・映画祭のごく短いフィルムガイドでさえ、突っ込みどころ満載のようです(もう一方のサイトは言わずもがなです)。
ベースとなったのは主に「ラーベの日記」のようですけど、これじゃあ、アイリス・チャンベースでなくとも一緒のことであって、誇張・歪曲の本質は変わりません。

こうした記述が、如何にも反日華僑グループらしいタイムリーなキャンペーンの一環であることは以下を見れば分かります。「NANKING」紹介サイトのSynopsisから引用します。

---------------
Today, Many Japanese know little about the wartime atrocities their country committed throughout Asia. Seventy years later, the invasion of Nanking remains a divisive issue.
---------------
今日、多くの日本人は、(彼らの)国がアジアの至る所で犯した戦時残虐行為のことをほとんど知らない。70年経っても、南京侵略は対立事案のままである。
---------------
---------------
Some Japanese ultra-conservatives deny or minimize the massacre; to this day, many Japanese believe stories of atrocities in Nanking are exaggerations and lies. Soon after producer Ted Leonsis decided to create a documentary about Nanking, mass protests broke out in China over Japanese approval of textbooks that called the Nanking massacre and 'incident.' The protests made headlines around the world.
---------------
何人かの日本の超保守主義者は大虐殺を否定するか最小化する; 今日まで、多くの日本人は、南京における残虐行為の話が誇張と虚偽であると思い込んでいる。テッド・レオンシス プロデューサーが南京に関するドキュメンタリーを制作することを決定して間もなく、集団的(大量)抗議が中国で、南京大虐殺(を?)「事件」と呼ぶ日本の教科書の承認越しに勃発した。その抗議は世界中で大見だしで報じられた。
---------------
---------------
Many in Asia are also outraged by the former Japanese prime minister's annual pilgrimage to the Yasukuni Shrine in Tokyo. Along with millions of soldiers who died for the Japanese Emperor, Yasukuni - which translates as 'peaceful nation' - enshrines the souls of 14 class A war criminals.
---------------
アジアの多くも、日本の前首相の東京靖国神社への例年の巡礼(参拝)により侮辱を受けた。日本の皇帝(天皇)のために殉じた何百万もの兵士に加えて、(「平和な国」に解釈するところの)靖国は14人のA級戦犯の魂を祀っている。
---------------
---------------
In advance of December 2007, the 70th anniversary of the invasion of Nanking, the Chinese and Japanese governments have convened a joint committee of historians in an attempt to agree upon a common version of the history of the Sino-Japanese conflict, including what happened in Nanking.
---------------
南京侵略の70周年記念である、2007年12月に先立って、中国及び日本政府は、南京で起こったことを含む中-日対立の歴史の共通見解上での合意を目指して、歴史家による合同委員会を開催した。
---------------

三番目のパラグラフは中共政府とまったく同じことを言ってますね。まだ「遺骨」と言わなかっただけ誉めてあげましょう。最後のは、先日から始まった日中歴史共同研究のことです。この研究は南京侵略70周年の記念行事だったんですね・・・知らなかったなぁ(笑)。

この「NANKING」は、小泉前首相の靖国参拝を契機として、日本がどんどん保守化し、日中の溝が深まるに連れて危機感を抱いた中共政府の意を汲んだ在米華僑が、レオンシス氏の商売人根性を刺激しながら反日プロパに誘導して得た巧妙なる工作結果なんでしょうね。

この映画は南京での出来事をナチのホロコーストと同列に扱うと云う、非常に分かりやすいセンセーショナルシナリオをもっています。
欧米の方々はこういう筋書きが好きですから、これを世界に振りまくことで他国の対日感情を悪化させ、そろそろバレかけてきた自国(中共)の暴虐を隠しつつ、日本の自虐性も刺激できると云うトリプル効果があります。

一方、靖国曖昧戦術を採る安倍政権と和解したように見せ掛けて、中共主導の歴史認識を強要させようと共同研究も画策しているわけですが、さて、どうなっていくことでしょうね。


しかし、こういう時に水島社長はよくぞ決断してくれました。
一昨日の映画「南京の真実」の制作記者会見は盛況だったようで何よりでした。早速、ネット内の肯定派の方々は、いそいそとこれを揶揄してくれてるようですけど、まぁ気にするほどでもないです、と云うか寧ろ気にしてるのは彼らの方かも。

記者会見の様子は、賛同者のお一人でもある宮崎正弘氏のメルマガ(宮崎正弘の国際ニュース・早読み)か衆議院議員 戸井田徹氏のブログ(丸坊主日記『南京攻略戦の真実』)をお読み下さい。

今後、「南京の真実」制作委員会は本格活動を開始するわけですが、三億(水島氏発言)かかる制作費の捻出とシナリオ固めで大変、ご苦労為さることになるでしょうから、筆者に出来ること、つまり資金面で僅かでも緩和する方向に協力しようと思っております。

(皆様方に於かれましても、一つ協力して日本の草莽の底力を見せてやろう!!と思われましたら、左カラムにもあります「南京の真実」専用サイト内に、「映画製作支援のお願い(資金ご協力について)」がありますので、そこから浄財を援助いただければ幸いです。)



↑ご賛同頂けましたら,クリックをお願い致します

Home > Oversea > 日本の超保守主義者は大虐殺を否定するか最小化する

Access

今日のカウンタ
昨日のカウンタ
Search
Feeds

Page Top