Home > Oversea > 当然のことだが、北による拉致は単なる誘拐事件ではない

当然のことだが、北による拉致は単なる誘拐事件ではない


日テレのニュースゼロを観ていたら、北の代弁者と化して帰国した山拓と拉致被害者 蓮池薫氏の兄である透氏が会談した様子を伝えてました。

家族会・蓮池副代表 山崎氏の訪朝を評価

拉致被害者家族会・蓮池透副代表が17日、自民党・山崎拓前副総裁と東京都内で会談し、山崎氏が北朝鮮を訪問したことに一定の評価を示した。

蓮池・山崎の両氏は「問題解決のために対話も必要だ」との意見で一致したほか、蓮池氏が今後、政府と連携して「一枚岩で対応してほしい」と要請し、山崎氏も理解を示した。

会談後、蓮池氏は「一歩でも二歩でも前進するような動きを見せてくれるというのは、私は支持していきたい」と述べた。

また、山崎氏は「(対話努力の一環として)評価するという話がありました」と述べた。 家族会は、山崎氏の訪朝を「二元外交だ」などと批判しており、蓮池氏の動きは内部の路線対立を浮き彫りにした形。

一方、安倍首相は17日夜、「(北朝鮮が)誠実な対応をしない以上、圧力をかけていくのは当然だと考えています」と述べ、引き続き圧力路線を堅持する考えを強調した。


ニュースゼロで、透氏は「膠着状態は家族にとって辛すぎる。あらゆる形での対話を閉ざすべきではない」と暗に現状を批判し、同時にまるで家族会を代表するかのような意見を述べておられました。
可成り前から思っていたことではありますが、透氏の「奪還」を読んだ筆者としては彼の妙な変節を残念に思いますね。

確かに、透氏は初回の小泉訪朝時からどんな手を使ってでも(つまり身代金の類)被害者を取り戻して欲しいとは発言されてましたので、その意味での一貫性は感ずるものの、以前は未だ国家主権の侵害と云う拉致の本質を強く理解した行動を執っておられました(まぁそれが二回目の小泉訪朝辺りから家族会や救う会の行動を国家主義的と批判するようになったわけですが・・・彼の本質はリベラル左派だったのかもしれません)。

それが今回の発言や山拓への評価を観ていると、この北朝鮮による国家ぐるみの拉致を単なる個人的な誘拐事件と誤認識したような発言をされてます。
単なる拉致事件ならば、それこそ身代金を払ってでも取り戻すというオプションも当然のことですけど、明白なる外交(政治)マターにもなっている事件に対して上のような発言や行動は余りにも無責任な態度ではないでしょうか?
これでは自分の家族が帰ったのでコロッと掌を返したと云われても仕方ありません。
これは思想性云々の次元では片付かない問題だと思います。

日本という国家が現状で非常にお粗末な対応とは云え、被害者を救出する行為を執ると云うことは、取りも直さず、北朝鮮による拉致が明らかな国家主権への侵害行為であるからに他なりません。透氏はそれを忘れているように思います。

だからこそ、被害者家族だけでなく政府と国民の出来る限りのコンセンサスが必要なのであって、今回のような二元外交とも思える山拓訪朝を評価することは、個人的感情を最大限に抑制してでも耐えておられる横田さんをはじめとした家族会への裏切りとも取れる行為だと思います。

勿論、この山拓訪朝や拉致問題へのアプローチに対して多様な意見を述べるのは自由ですが、北朝鮮の非情さや狡猾さを最も身近に感じている立場の人間が言うべきことではないように思えます。
逆に言えば、拉致被害者が身近に居られるわけですから、我々のような部外者には知り得ない情報を得た結果とも考えられますけど、それならば然るべきルートで進言すればいいのであって公共の電波を使った発言は国としての足並みを崩すことにも繋がります。
それを利用して結束を突き崩そうと考えている連中は何故か?国内には大勢いますから。

安倍総理は間違っても小泉国交正常化路線を継いではなりません。真に毅然たる対応を採らない総理の態度が、この種の不協和音を招いているように思えてなりません。



↑ご賛同頂けましたら,クリックをお願い致します

Trackback:1

TrackBack URL for this entry
http://trekky.sakura.ne.jp/logs/sb.cgi/383
Listed below are links to weblogs that reference
当然のことだが、北による拉致は単なる誘拐事件ではない from もののふのこころ
経済封鎖を破る北朝鮮 from 陸奥月旦抄 2007/01/20 01:40 AM
 今日もみぞれが降り、道路には雪が全く無くなった。暖冬異変の言葉がぴったりで、除雪車は居眠り状態。軽油をがぶ飲みする除雪車が全く動かないから、ガソリンスタ...

Home > Oversea > 当然のことだが、北による拉致は単なる誘拐事件ではない

Access

今日のカウンタ
昨日のカウンタ
Search
Feeds

Page Top