Home > SocialProblem > いじめた側の出席停止案について

いじめた側の出席停止案について


以下のニュースにある“いじめ即出席停止は乱暴”について、2チャンネル辺りでは何故か伊吹文科大臣を叩く意見の方が多いですね。

“いじめ即出席停止は乱暴”


筆者はいじめた側に焦点を合わせれば、場合によっては刑事罰も含めた強い措置が必要だと思ってますから、基本的には「出席停止」措置に賛成の立場です。

しかしながら、”いじめ”というのは被害者が自殺するような陰惨なものから、単に被害者側の独りよがりな被害者意識によるものまで、其れこそ無数に存在します。
前者はセンセーショナルな例ですから、マスコミが過激に報道しますので非常に分かりやすい事例ですが、後者については、いじめた側と認識されている人間にしてみれば、単なる助言・注意だったと云う例だって考えらるような非常に曖昧な”いじめ”です。

要するに、それが”いじめ”であると認定する側の判断は何を基準に誰が行うのか?と云うことに尽きます。後者を例に採れば、ある”いじめ”とされる事例が発生したとき、それは大抵の場合、本人の申告を伴うでしょうから被害者側が意図的にいじめた側を貶めることだって可能です。
こうした場合、それが客観性をもって”いじめ”であると判断するには非常に複雑な手続きと時間がかかります。
”いじめ”というのは、マスコミで報道されるような分かりやすいものだけではないってことです。

謂わば、総合的な判断基準とそのシステムが未だはっきりしていない以上、文科大臣としては「いじめ即出席停止」を乱暴と表現することは全く妥当なことだと思います。とてもじゃないが「即」、決められるような代物ではありませんから。
教育再生会議の出した「いじめ問題への緊急提言(案)」(pdfです)に出席停止の項目が入らなかったのは、上のような意味合いを鑑みた結果だと考えてます。
勿論、これには「出席停止」の事後措置をどうするのかという問題も包含しています。


また、このニュースによると、伊吹文科大臣は以下のことも発言しています。

「教育再生会議は、今後もいろいろな意見を主張し、法律の改正を求めることもあるかもしれないが、私は責任ある大臣として、実現できないことや実現すべきでないことについては当然言っていくつもりだ」



↑ご賛同頂けましたら,クリックをお願い致します


とくに「実現すべきでないこと」に言及したところに、何となく大臣の教育再生会議への不信感があるように思えます。
穿ち過ぎかもしれませんが、筆者はこの「教育再生会議」の有識者メンバーを余り信用してません。伊吹大臣にもそれと似た感情があるのでは?と思ってます。

「教育再生会議」は広く大学教育までを含めた総合的な諮問組織ですから一概には言えませんが、筆者は教育再生の鍵は「公の精神」の復興だと考えてます。今の教育の歪みは全てとは云えないまでも、過剰な「個人主義」から派生しているものが大半だと思います。過剰な個を重んずる考え方は、必然的に個々人に「甘え」を生じさせます。
この「甘え」はさらに「利己主義」を生み出し、公で成り立っている学校組織や、やがては社会組織を壊していくからです。

まぁ余り偉そうなことを書くと、はてなのブクマ辺りで”コトバ遊び”が好きな方々から陰口をたたかれそうですから止めておきますが、現有識者メンバーはどうもこれを意識した人選になっていないのではないかと思えてなりません。
中立・公平も大事ですけど、現メンバーは余りにバラバラ過ぎます。安倍政権の色を考えるならば、もう少しくらい強い保守思想をもち、教育問題にも明るい方をメンバーに入れても良かったのではないかと考えます。こう云うところにも安倍さんの弱腰が見て取れるようで失望した感が否めません。

「公の精神」復興を脳内で勝手に「軍靴の足音」と変換してしまう共産シンパなオバサン、何でいるのかよく分からないスポーツコメンテーターや演出家、はたまた如何に合理的に儲けるかしか考えてない車屋さん等々を入れるのなら、この方なんかは是非、入れて欲しかったですね。この方は、「公の精神」復興にはまさに適任な考え方をもった立派な教育者だと思ってます。


いじめ問題に教育腐敗問題、書き出すうちにどんどん取り留めのない内容になってしまいますので、もう止めますが、この「教育再生会議」の活動には今後も目を光らせていただくつもりでおります。
伊吹さん、頑張って下さい!!


参照URL:

出席停止、「いじめ」で適用わずか…基準不明確の声も



↑ご賛同頂けましたら,クリックをお願い致します

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://trekky.sakura.ne.jp/logs/sb.cgi/342
Listed below are links to weblogs that reference
いじめた側の出席停止案について from もののふのこころ
トラックバックはありません。

Home > SocialProblem > いじめた側の出席停止案について

Access

今日のカウンタ
昨日のカウンタ
Search
Feeds

Page Top