Home > Misc.Impressions > 時事一言雑感

時事一言雑感


今日はちょっと頭が回らないので(いつもだが)、時事ニュースについての一言?雑感でお茶を濁させていただきます。引用ばかりで読みにくいかもしれませんが、ご勘弁を。

11月16日付・読売社説 [衆院採決]「野党の反対理由はこじつけだ」(抜粋)
民主党が国会に提出している対案は、愛国心や公共心の育成を掲げ、家庭教育の条文を設けている。政府案と本質的な差はない。むしろ愛国心の表現は「民主党案が優れている」と評価する声が自民党内にさえあったほどだ。
法案の中身が似通うのは、子どもの規範意識を高め、家庭の役割を重視することが、いじめなど学校現場が抱える課題の改善にも資する、との思いを共有するからだろう。
民主党が、いじめ自殺などを「改正案の中身にかかわる」と本気で思うなら、与党に法案修正の協議を持ちかけるのが筋だ。

いや、全く仰るとおり。結構まともな案をもちながら、何故、「カルトフィルターのかかった自民案など、生ぬるいわ! 修正に応じろ!!」と言わなかった?
それを言わ(え)ないところに、手遅れなほどにプロシミン化してしまった民巣党の病巣があるのでしょう。
手術をやるのなら是非、開頭(解党)左脳分離(追放)施術でお願いします、その後は勿論、政界再編って事で一挙両得と相成ります。


教育基本法:衆院特別委の単独採決に日教組が抗議声明(抜粋)
子ども不在の議論が政治家や与党の都合だけで進んだ」と抗議表明した。
また、教育基本法の改正案が教育は法令に基づき行われることを明記した点を「政府による(教育現場の)上意下達を正当化するもの」と批判。
「議論が拙速」県内教諭ら反響 教育基本法改正案(抜粋)
下伊那郡天龍村の学校法人理事長、中野昌俊さん(63)は1970年代の米国留学時、米国人の愛国心の強さに驚いた。一方、自身も「日本を外から客観的に見て、好きになった」経験を踏まえ、「国が良ければ、愛する気持ちは自然とわく。法で決めるものではない」と主張。改正は、教育分野への法や行政の深入りを強めるようにも思え、「教育がますます息苦しいものにならないか」と危惧(きぐ)する。
信大教育学部4年の男子学生(24)は、改正案に盛り込まれた「公共の精神」「わが国と郷土を愛する」などの言葉に、「国民を統制するような国づくりへ動く印象を受ける」。


「子ども不在」で手前勝手な偏向思想を植え付けてきたのはどっちなんでしょうか?
そもそも、教基法を改正せざるを得なくなったのはアンタ等が長年に渡って行ってきた狂育のせい、これは「意図しないマッチポンプ」と呼べるのではないかな。
勝手にやってろ!としか言いようがない。

「愛国心」->「法で決めるものではない」
「公の精神」->「国民を統制」
いつものテンプレート、有り難うございます。これくらいしか言い訳が思いつかない貧弱な脳構造に乾杯。
そこで、学校法人理事長、中野昌俊さんと信大教育学部4年の男子学生さんに質問。
「国が良ければ・・・」の”良い”とは何を基準にしているのか?、そして男子学生さん、貴方はアナーキストですか?
色々と論点をすり替えて回答をはぐらかすに3000点。



↑ご賛同頂けましたら,クリックをお願い致します


中川幹事長「大義がない」と衆参同日選には否定的(抜粋)
「安倍晋三首相は(党総裁任期の)2期目に必ず、政界再編をしてでも憲法改正実現を目指すだろう」
日本遺族会、歴史研究の勉強会を設置へ(抜粋)
古賀氏は「遺族会の歴史の勉強をしよう」と提案した。
9月の自民党総裁選をにらんで5月にまとめた自身の政策提言で分祀を提唱。勉強会を通じて本格論議の機会をうかがう思惑とみられる。

まずは「左の方に懐を深くする安倍自民党を作っていきたい」と宣った政治屋の方の中川さん。まさか、その発言は憲法改正のためには左巻きとも手を組む、という意味ですか?
それはいくらなんでもアレでは?、多分、懐に入りすぎて底無し沼に嵌ってしまうというのが、この話のオチでしょう。
でも、憲法改正に政治屋はイラン、が本当のオチです。
そして、未だに保守の生き血を吸ってはしぶとく生き残っている古賀(呼び捨てで十分です)の策謀、本当にしつこい奴だ。
というか、遺族会もいい加減、こんな奴叩き出して下さいな。
靖国神社は他のことなら多少のモディファイは許しても、こと「分祀」とその他三点だけは絶対に譲ることはありませんって、何回言ったら・・・
そろそろ、捨民党にでも拾って貰え! きっとみずほタンも悦ぶぞ。


空母キティーホーク事件、米国の対中国政策にも影響?(抜粋)
「キティーホーク側に問題があったとは思えない、そもそも宋級潜水艦は非常に静穏なディーゼルエンジンを装備しているために接近を探知することは非常に困難なのだ」としたその上で「中国は米艦隊のどこに脆弱性があるかを探っていたのではないかと思う。
その意味で米海軍は自身の弱点をはっきりと自覚してしまったわけだ」と発言した。


あぁ、そういうことだったんですか。ただのディーゼルエンジンだと・・・レッドオクトーバーまで出したのに(恥)。
でも、よく考えれば米国の方がもっと恥ですよね。
9.11でも同じことが云えるのですが、米国って意外なほど単純なところに盲点というか脆弱性がありますねぇ。
筋骨逞しいレイザーラモンが乳首を突かれるとナヨッとしてしまうような・・・下品な例えでスイマセン。


北朝鮮、6カ国協議で強硬姿勢強める見通し=訪朝した米専門家グループ
中国建設銀、北朝鮮への送金業務を再開

あんな出来損ないの核兵器でも「我らは核保有国」って自慢しちゃうのが金豚クオリティなんですが、間違いなく強気で臨んでくることでしょう。
どうせ、中共は北を説得時に「六者協議に形だけでも出てくれたら、うちの制裁適当に緩めるから」とでも言ったんだろうし、南朝鮮はアレだし。
とにかく確実に云えることは、六者協議の場において「拉致問題」はこれからますますアウト・オブ・ザ議論になることですね。
だからこそ、日本はさらに意志を明確にして以前に述べた三制裁をやるべきなんです。その時、やっと金正日は日本の本気を知ることになるはずです。
原理原則を踏まえて毅然とした制裁を行えば、必ず何らかの形で折れてくるのが北朝鮮です。制裁を強化すれば交渉の窓口が閉ざされるなんて大嘘です、本当の交渉の窓口はむしろ、その時に開くのだと言い換えねば為りません。

以上ですが、なかなか最終弁当さんのようなエレガントさは出ないなぁと・・・まぁ役者が違いますね。失礼しました。



↑ご賛同頂けましたら,クリックをお願い致します

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://trekky.sakura.ne.jp/logs/sb.cgi/320
Listed below are links to weblogs that reference
時事一言雑感 from もののふのこころ
トラックバックはありません。

Home > Misc.Impressions > 時事一言雑感

Access

今日のカウンタ
昨日のカウンタ
Search
Feeds

Page Top