Home > Oversea > 歌を忘れたカナリアを待つ運命は・・・

歌を忘れたカナリアを待つ運命は・・・


日本の周辺海域で中共が何やら不穏な動きをしてますね。
ソナーに探知されない静かなる潜水艦と云えば、かれこれ15~16年前の映画、「レッドオクトーバーを追え!」(トム・クランシー原作)を思い出します。なかなか見応えのあるお話でした。ショーン・コネリー演ずるマルコ・ラミウス艦長がとくに渋かった。
レッドオクトーバー(赤い十月)もロシア(旧ソ連)製原潜でした。この潜水艦のエンジンは「Magneto(ic) Hydrodynamic Propulsion (磁気流体力学的推進?)」とか云う駆動方式でしたが、はてさて現実の中共式潜水艦のエンジンはどんな方式なんでしょうか?
ロシアからパクったのか自前なのか知りませんが、天下の米国空母を出し抜くのですから容易為らざる事態なのでしょう。
さすがに先軍政治国家は違います、軍事に使う金が半端じゃないのも頷けます。
中国潜水艦わずか8キロ 米空母と沖縄近海で「一触即発」

沖縄近海で米空母と中国潜水艦が一触即発となる事態が発生していた。
経済成長を背景とした中国の海軍力増強に米国はどう対処するのか。事件は近代化を進めている中国海軍が米海軍を脅かす存在になっていることを示したといえる。
AP通信によると、マレーシアの首都クアラルンプールを訪問中の米太平洋軍のファロン司令官(海軍大将)は14日、米海軍横須賀基地(神奈川県)を事実上の母港とする空母「キティホーク」に中国海軍の潜水艦が米側に探知されないまま魚雷やミサイルの射程内の至近距離まで接近していたことを明らかにした。
(以下、略)


日本の南方海域ですから台湾侵攻を睨んだ活動でしょうけど、尖閣諸島、果ては沖縄のこともありますので、わが国の安全保障にとっても座視できることではありません。
先日も「日本版NSC」に向けた有識者会議を発足させたようですが、最もマークしなければならない中共への戦略をどの方向にもってゆくのかを注視したいと思います。
安全保障を含んだ外交は、「一方で握手しつつ、もう一方では棍棒を隠し持っていなければならない」のが基本です。とくに中共の場合、友好を過大演出しながら平気で日本の大都市に核ミサイルの照準を合わせている基本に忠実な?国ですから、マスメディアの屈中姿勢に国民が騙されないような情報戦略をしっかりと練る必要があります。

果たして、アメリカの猿まねに近いNSC(政府)にそれが出来るでしょうか。産経メディアなど、このNSC創設は米国主導で安倍総理も本腰を入れているなんて論評しているようですが、政府マンセー系メディアの言うことですから可成り間引いて理解した方が良い気がします。”仏作って魂入れず”では困るんですよ。
昨日も対北朝鮮用に、本来なら三年前にやって然るべき「贅沢品輸出禁止措置」を発動するとのニュースがありましたが、あからさまな敵国にさえ、この有様なのですから”何を言わんや”状態ですね(それでもこの措置、歓迎しますが・・・)。
対北に限って云えば、筆者は先にエントリーした「残念ながら日本政府には未だ覚悟がない」で愚考を述べた「三つの制裁」に移行しない限り、「日本政府、GJ!!」とは言わないつもりです。

まさに日本は”誇り”と云う歌を忘れたカナリアではないかと思います。
西条八十作詞の童謡、「唄を忘れたカナリア」は筆者も好きな歌の一つです。しかし、四番を除いたら結構、過激な歌ですよね。



↑ご賛同頂けましたら,クリックをお願い致します


歌を忘れたカナリアは後ろの山に棄てましょか
いえいえ それはかわいそう
歌を忘れたカナリアは背戸の小薮に埋けましょか
いえいえ それはなりませぬ
歌を忘れたカナリアは柳の鞭でぶちましょか
いえいえ それはかわいそう
歌を忘れたカナリアは象牙の舟に銀のかい
月夜の海に浮かべれば
忘れた歌を思い出す



左翼的思考でいけば、四番(赤字)の解釈を”自分の居場所さえ見つかれば”とか”手厚く保護すれば”とか考えるのでしょう。それも良い、童謡ですから。
でも、筆者は敢えて”歌を思い出さざるを得ない厳しい環境に置いてやれ!”と意訳することにします。これが意外と作者の意図に最も近かったりするかもしれません。
今、日本はその瀬戸際にいるのではないでしょうか?
誇りを思い出すのか、それともそのまま”山に棄てられ”朽ちていくのかと云う岐路です。

日本は何としてでも前者を選択し、再び美しい声で囀(さえず)るカナリアとして戻ってきて欲しいと同時に、自分も微々たるその一助となれればと思います。



↑ご賛同頂けましたら,クリックをお願い致します



Trackback:1

TrackBack URL for this entry
http://trekky.sakura.ne.jp/logs/sb.cgi/319
Listed below are links to weblogs that reference
歌を忘れたカナリアを待つ運命は・・・ from もののふのこころ
その気になれば from ステイメンの雑記帖 2006/11/15 07:50 PM
 シナ海軍は近年、晋級原子力弾道弾潜水艦、商級原子力攻撃潜水艦などの建造を進める一方、露助よりスラヴァ級巡洋艦、ソブレメンヌイ級駆逐艦やキロ級潜水艦などを...

Home > Oversea > 歌を忘れたカナリアを待つ運命は・・・

Access

今日のカウンタ
昨日のカウンタ
Search
Feeds

Page Top