Home > 悠仁親王殿下の「賢所皇霊殿神殿に謁するの儀」(お宮参り)

悠仁親王殿下の「賢所皇霊殿神殿に謁するの儀」(お宮参り)

  • 2006.11.14 Tuesday
  • -

本年、九月六日にお生まれになった悠仁親王殿下のお宮参りに当たる「賢所皇霊殿神殿に謁(えっ)するの儀」が本日、行われました。
日本人として心よりお祝い申し上げます。 そして、これからも健やかにご成長されることをお祈り申し上げます。
悠仁さま、お宮参り

秋篠宮家の長男、悠仁(ひさひと)さまが皇居・宮中三殿(仮殿)に初めて参拝する「賢所皇霊殿神殿に謁(えっ)するの儀」が14日午前行われた。
儀式は一般のお宮参りにあたり、白い産着の御初召(おうぶめし)姿の悠仁さまは、松田慶文宮内庁御用掛に抱かれて参拝された。秋篠宮ご夫妻も参列された。
この後、悠仁さまはご夫妻とともに御所を初めて訪れ、天皇、皇后両陛下にあいさつ。御所の前で「(悠仁さまを)何と呼んでいますか」と記者団に問われた秋篠宮さまは「(悠の字を音読して)ゆうちゃんと呼んでいます」と答えられた。
宮内庁によると、9月6日に誕生された悠仁さまは13日現在、身長58.5センチ、体重5244グラムで、病気をされることもなく、健やかに成育。天気の良い日には紀子さまに抱かれ宮邸の庭や赤坂御用地内を散歩されているという。眞子さま、佳子さまは喜んで悠仁さまの世話をされているという。 Hisahitosama.jpg


筆者をはじめ、一般の方々が殿下のご尊顔を落ち着いて拝見したのは初めてではないでしょうか。クローズアップされたそのお顔は、理屈、先入観抜きに純真無垢な凛々しさを漂わせておられました。

博士の独り言様の仰るように、悠仁親王殿下が皇統をお継ぎになった将来の日本が、殿下のお顔のように大いなる自信と凛々しさを擁する美しい御世に成ることを願うばかりです。

翻って、先の十一日に行われた「着袴の儀」における愛子内親王殿下の非常に可愛らしいお姿も印象に残っています。
内親王殿下はこれからも皇族女子としてお育ちになった方がご自身のためにも最も望ましい形ではないかと、筆者などはそのお姿から強く感じました。
男系男子がご誕生になった今、これ以上、俗世的な損得勘定でご本人に重荷を背負っていただくことはないと思います。おそらく、このお姿を見られて、お父上であられる皇太子殿下も同aikosama.jpgじ思いを抱かれたのではないかと畏れながらも推察いたしました。

日本の皇統は世界の宝です。そして、日本人のアイデンティティそのものを意味します。
これからも守っていかねば為りません。
俗世で何が起ころうが、どんなに世の中が進歩しようが、この世がある限り変えてはいけないものがあったっていいじゃないですか。



↑ご賛同頂けましたら,クリックをお願い致します

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://trekky.sakura.ne.jp/logs/sb.cgi/318
Listed below are links to weblogs that reference
悠仁親王殿下の「賢所皇霊殿神殿に謁するの儀」(お宮参り) from もののふのこころ
トラックバックはありません。

Home > 悠仁親王殿下の「賢所皇霊殿神殿に謁するの儀」(お宮参り)

Access

今日のカウンタ
昨日のカウンタ
Search
Feeds

Page Top