Home > Oversea > 即刻の平壌宣言の破棄と完全封鎖をやるべきです

即刻の平壌宣言の破棄と完全封鎖をやるべきです


どうも、一週間ぶりの更新になります。

ついに北が最後の一線を越えたようです。
核爆発の規模は韓国の評価では0.5Kt程度、日本の評価では10Kt程度で、どうもバラバラですね。0.5Ktくらいではスーツケース型にも及ばないし、例えそんなのがあったとしても、北にそのようなエレガントな余裕や技術があるとは思えないので、まず間違いなく失敗でしょうね(10Ktでも目的とは異なるようです)。
爆縮技術は高度なものですし、それが失敗したものなら尚更、2度目以降を考えているでしょう。

いずれにしても、北は立派?な核保有国であることが名実共にほぼ判明しました。とはいえ、それが未だ北の望むだけの有効な飛び道具にはなっていないことも分かっていますので、何とかそれ以上の手段を持たぬように必死に阻止する努力を惜しむべきではありません。

国連ではまたも7章絡みで一悶着ありそうですし、慎重に規模等を見極めているようですから余り当てになりません。無論、国際的連携は必至のケースですから、それを蔑ろにするものではありませんが、日本やアメリカその他の有志国は独自に動いていくべきです。
日本は経済制裁なんて生易しいことではなく、完全に人、物、金の動きを止め、朝鮮総連を24時間監視状態に置いた上でアメリカの尻を叩きまくることです。中国はまだまだ当てになりません。
にも拘わらず、日本のメディアの甘いこと・・・日本が事実上、北に完璧に逆らえなくなる日が近くなったというのに、特番の一つもないのは何かの冗談なのか?、ただのバカなのか?
これは甘く考えることではありません。例え、核が未だ弾頭に載らなくても、斜め上の国家である北は本気になれば、如何なる芸当を駆使してでも日本を困らせようとしますよ。
例えば、ウラン型の核爆弾なら起爆は簡単です。それを船にでも載せて国境海上付近で爆発させて漁場等を破壊し、放射線を本土へ向かわせることなんてのもリスクと効率は最悪ですが、あの北なら有り得ることです。
とにかく、ここからはアメリカやその有志国による軍事オプションをも考慮すべきでしょう。こうした芽はすぐにも摘むべきだったんですが、今なら未だ何とか間に合います。

そして日本は上の策をとりながら、北崩壊時に自衛隊を使って如何に拉致被害者を救出するのかといった作戦を練っておくべきです。
こうしている間でも、その猶予はドンドン失われています。
安倍総理のまずやることは、一刻も早い平壌宣言の破棄と検討ではない即刻の完全封鎖です。



↑ご賛同頂けましたら,クリックをお願い致します

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://trekky.sakura.ne.jp/logs/sb.cgi/303
Listed below are links to weblogs that reference
即刻の平壌宣言の破棄と完全封鎖をやるべきです from もののふのこころ
トラックバックはありません。

Home > Oversea > 即刻の平壌宣言の破棄と完全封鎖をやるべきです

Access

今日のカウンタ
昨日のカウンタ
Search
Feeds

Page Top