Home > Oversea > 平壌宣言からすでに4年も経ってしまいました

平壌宣言からすでに4年も経ってしまいました


金正日と交わした平壌宣言からちょうど4年が過ぎました。
交わした本人の総裁任期はもう終わろうとしており、その調印の際、極めて象徴的な働きをした安倍現官房長官がその後釜に座ろうとしています。
さて、安倍次期総理はこの平壌宣言という一種の憑依霊をどのように除霊するのか、よ~く観察させていただくことにしようと思います。

産経iza「平壌宣言4周年 次期政権、対北包囲網どう構築」より、
平壌宣言に対する安倍氏の思いは複雑だが、国交正常化による多額の援助を武器に金総書記を交渉のテーブルにつかせた宣言の意義は十分理解している。小泉首相の訪朝で、拉致は「疑惑」から「事件」に変わり、北朝鮮が生存を認めた拉致被害者5人とその家族の帰国が実現した。平壌宣言が日朝交渉を継続するための唯一の「証文」であることは間違いない。 

このため、安倍氏は、北朝鮮が今年7月に弾道ミサイルを連続発射した際も「平壌宣言の違反は明白だ。大変な憤りを感じる」と述べたが、宣言の「無効」「破棄」には踏み込まなかった。

 一方で、安倍氏は周囲に「北朝鮮に融和的に接しても要求をエスカレートさせるだけだ。圧力があってこそ対話の扉を開く」と語っている。安倍氏を批判する勢力は「強硬措置は北朝鮮の暴発を招きかねない」と主張するが、安倍氏は「金総書記は暴発すれば政権が崩壊することを理解している。おいしいエサをぶら下げた平壌宣言を一方的に破棄することはない」とみる。

記事にあるように、確かに平壌宣言は釣り餌の一つでしょう。ですが、何度も言うように、宣言文中に拉致に言及したと思われる部分は

朝鮮民主主義人民共和国側は、日朝が不正常な関係にある中で生じたこのような遺憾な問題今後再び生じることがないよう適切な措置をとることを確認した。」

と、たったのこれだけです。しかも「今後」ですよ、これは「これからはもうしません」と言っているに過ぎないわけです。
これでは田中均氏が交わした密約なんてものを持ち出すまでもなく、宣言の本質は「国交正常化に名を借りた日本の賠償確約」に他なりません。ゆえに北はしつこく何度も、「日朝平壌宣言の不履行は日本に責任」と言い続けるのだと思います(平壌放送「日朝平壌宣言の不履行は日本に責任」)。
北を擁護する気なんて更々ありませんが、筆者が金正日でも、この方針で日本を揺さ振り続けてシラを切り通しますね。
北に思いっきり有利な条件で結ばされた空文にも等しい平壌宣言を釣り餌と云うだけで、こんなものを後生大事に有効としている理由がよく分かりません。
これは大東亜戦争終結時のSF平和条約とは質のまったく異なるものですし、幸いというか、都合良く北の方から少なくとも二度は宣言違反(核保有宣言と弾道ミサイル試射)をしてくれているわけですから、いつでも破棄宣告を出せるはずです。多分、さらに地下核実験という、明確なる違反も早晩加わることでしょう。

平壌宣言など無くても、日本が真に覚悟した制裁を行えば、北は必ず根を上げて、自分から交渉ルートを新たに開けてくるものと考えます。金正日の頭の中は「暴発」より「生き残り」です、これはまず間違いないことだと思います。

先程、日テレで妙に小泉総理と田中均氏を「格好良く」描いた茶番ドラマをやってましたが、その番組中に挿入された対談部分で安倍氏は「拉致問題の解決のためには自ら(総理)が訪朝する覚悟がある」と仰ってました。尤も、この覚悟は麻生氏も谷垣氏も明言してましたが・・・
訪朝する覚悟より、平壌宣言を破棄する覚悟をもっていただきたいと思います。
まぁ現実的に思い切り譲歩したとしても、平壌宣言の破棄をちらつかせて交渉を有利に進めるくらいの狡猾さは必要でしょう。さらに、金融制裁の閣議決定は必ずやっていただきたいと思います(小泉さんの思惑はちょっと怪しいので)。

余談ですが、北に関してアメリカ側の融和発言、若しくはそれに準ずる発言(脅威発言)が相次いでますね。アメリカ側と云っても、政府主体ではないところが、何やら先の日本への非難決議と被るものがあります。

元駐韓米大使「北朝鮮制裁は逆効果生むだけ」
「金総書記の権力は依然として不動」米専門家
カーター元大統領「北、米が圧力を加えれば韓国攻撃も」
盧大統領「韓国保守が米軍の地雷線として使おうと…」

とくに、四つ目の記事には、
またこの日、米下院国際関係委員会が日本の従軍慰安婦動員を責めた決議案を通過させたことについて、盧大統領は「韓国の苦しい歴史を理解し証言した決議案通過に感謝する」と謝意を示したと消息筋は伝えた。

とあり、米下院に対する韓国のロビー活動の成功が語られてますねぇ。
この種の擁護的発言は主としてアメリカの主流というか、ブッシュへのカウンターのようです。ブッシュ政権の執る政策(北への強硬策)へネガティブな発言を繰り返すことで、それと反対の政策を採ろうとする次期政権(民主党かな?)への誘導を容易にすることを狙っているとも読み取れます。
その見方で云えば、前エントリーで述べた対日批判もその一環で行っているに過ぎないとも考えることが出来ますね。

日本の対北政策に限って云えば、今のブッシュ政権のうちに決着をつけないと、時間の針はちょっとどころか、2002年以前に戻りかねない、そんな気がします。これまた、何度も言いますが、拉致問題に限っても安倍政権の責任は非常に大きいものです、それに押しつぶされないよう、強い覚悟をもって政権を担当していただきたいと思います。
おかしなことをやったなら、これからは容赦なく叩かせていただきます。
 


↑拉致問題を解決しない限り、真の主権回復はないとお思いの方はクリックをお願い致します

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://trekky.sakura.ne.jp/logs/sb.cgi/294
Listed below are links to weblogs that reference
平壌宣言からすでに4年も経ってしまいました from もののふのこころ
トラックバックはありません。

Home > Oversea > 平壌宣言からすでに4年も経ってしまいました

Access

今日のカウンタ
昨日のカウンタ
Search
Feeds

Page Top