Home > Oversea > 今日の「お前が言うな!」コーナー

今日の「お前が言うな!」コーナー


今日の「お前が言うな!」コーナーはご存じアメリカ下院のハイド氏(共和党)とラントス氏(民主党),その他の議員諸々でしょう。
このところ,マスコミが嬉しそうに彼らの妄言を色々と伝えてくれてますね。

米下院:遊就館展示「修正を」 靖国問題、公聴会で議論
米下院委員長、「遊就館」の展示内容見直し求める
次期首相に参拝中止要請 米大物議員の抗議相次ぐ
・ 米下院「日本は元従軍慰安婦に謝罪・賠償すべき」

このお二人のお爺ちゃんはハイド氏がフィリピン海戦に参戦した兵士で,ラントス氏がホロコーストの生き残りだそうですが,建国以来,自国のしてきたことを思いっきり棚に上げて,よく他所様の国のことを非難できますね。まさしく,「お前が言うな!」状態です。自分達はいつまでも「力ある正義」と思っているのかもしれませんが,最近は「力ある悪魔」になりつつあることに気づいてないんですかね。それが最も厄介な話しですね。

まぁ筆者が観たところ,ハイド氏はバリバリの極右国粋主義者で,ラントス氏は只の反日爺ちゃんだと思いました。未だに「従軍慰安婦!」なんて言っているラントス爺ちゃんの方はさておき,ハイド氏の方はもう一度,よ~く胸に手を当てて考えて欲しい。

貴方も誇りある戦士だったのなら分かるはず,お互い敵同士であろうと,国難に殉じた方々の栄誉には少なくとも敬意を表してください。本当の国粋主義者なら,そこのところはちゃんと分かっていて心には想っても決して口に出したりはしないはずです。
日本だって,公式に言いたいことは幾らだってあると思いますよ,そこを言わないのはただ負けたから,ただ関係を損ないたくないからだけではないことに是非,配慮願いたいと思います。
A級戦犯は別だよって?,
あの東京裁判を現実に見聞きしたものなら,あの方々に一体,どれほどの罪があったというのか?知らぬはずがありません。これは国内におけるいわゆる戦争(敗戦)責任とはフェーズの異なる話しです,あなた方にそれを代わりにやって下さいなんて頼んだ覚えもありません。
それとも,アメリカにも何処かの国のように,すでに責任を取って死んだものの墓を暴いてまで貶める習慣でもあるんですか?
自分達の「正義」を主張するのなら,相手の「正義」も少しは理解して尊重して欲しい,少なくとも貶める必要などないはずです。

まぁただ,ハイド氏は中共や韓国にも苦言を呈する人でもあるようですね。だから,上のようなことをちょっと言ってみたまでですが。

「韓国は誰が敵なのかハッキリさせるべき」
なぜ中国はダライ・ラマと対話しなければならないのか


先日の岡崎久彦氏の発言,靖国・遊就館の展示内容改訂,そしてハイド氏らによる公式の日本批判,何やら媚米派による焦臭いものを感じますね。
尤も,これがアメリカ合衆国としての公式見解であると云う訳ではないので,それ程気に病む必要はないのかもしれませんが,ブッシュも何やらレームダック化しているし,次期政権には民主党が躍り出てきそうあることを考慮すると,日本も今のうちから筋の通ったロビーをやっておく必要があるかと思います。

ロビー云々,ついでに・・・上記の日本批判は度重なる中共や韓国のロビー活動ゆえであることは想像に難くないのですが,米下院には有名な反日ブレーンがいるようですね。
デニス・ハルピン米下院国際関係委専門委員です。この人の反日ぶりは凄まじい限りです。この人は「靖国には東條の位牌?(spiritual tablets)がある」と言った人です(笑)。

ハルピン米下院専門委員、日本の歴史歪曲痛烈に非難

また,この人の日本批判論文には,アイリス・チャンの「レイプ・オブ・ナンキン」が参考文献にあるとか・・・,米下院もよくこんな人を雇ってるなと。それでもって,こんな堕論紛いをベースに日本批判するハイド氏やラントス氏も相当にイタイとも思えるわけです。

筆者は日本の国益を真に考えた優秀な外交官(民間人を含めた広義のロビイスト)の必要性を感じます。
麻生さんは自らの政権構想で外務省には約2000人の増員を図りたいと言って逆に非難を受けてましたが,その人員が上のことをやってくれる人達ならば,筆者はその案に大賛成です。さすがに麻生さんは世界に向けた良い意味でのロビー活動の重要性を熟知しているなと感じました。

さて,安倍氏はその辺りのところを,どこまで理解しているのか?,現時点では分かりません。是非,麻生氏の案を自政権で採用していただけるようお願いしたいものです。



↑ご賛同頂けましたら,クリックをお願い致します

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://trekky.sakura.ne.jp/logs/sb.cgi/293
Listed below are links to weblogs that reference
今日の「お前が言うな!」コーナー from もののふのこころ
トラックバックはありません。

Home > Oversea > 今日の「お前が言うな!」コーナー

Access

今日のカウンタ
昨日のカウンタ
Search
Feeds

Page Top