Home > Politics > 安倍氏の出馬宣言

安倍氏の出馬宣言


安倍氏の政権構想骨子が以下のように発表されました。

安倍氏が正式出馬表明 総裁選へ政権構想発表

(前半略)

安倍晋三官房長官が1日発表した政権構想「美しい国、日本。」の要旨は次の通り。

 【政権の基本的方向性】
 ▽新たな時代を切り開く日本にふさわしい憲法の制定
 ▽開かれた保守主義

 ▽歴史遺産や景観、伝統文化などを大切にする 
  ▽家族の価値や地域のあたたかさの再生 
  ▽教育の抜本的改革 
  ▽民間の自律と、過度の公的援助依存体質からの脱却
 ▽日本の強さを生かした積極的貢献

 【具体的政策】 
  ▽政治のリーダーシップを確立
 一、政治家を政策決定の責任者として、官邸主導の政治リーダーシップを明確化。
 一、21世紀にふさわしい行政機構の抜本改革・再編を行う。 
  一、定員削減や能力主義導入など公務員改革を断行。
 ▽自由と規律でオープンな経済社会
 一、小さく効率的な政府の推進。
 一、イノベーション活用で幅広い産業の生産性を向上。
 一、税と金融で中小企業を強力にバックアップ。
 一、誰もがチャレンジ、再チャレンジできる社会の実現。
 一、道州制ビジョンの策定で地方分権、行政スリム化を推進。
 一、財政を確実に健全化。経済成長を前提に歳出改革に優先取り組み。消費税負担の在り方など中長期視点から総合的な税制改革の推進。
 ▽健全で安心できる社会の実現
 一、年金、医療、介護、社会福祉の一体的見直しを実施。
 一、社会保障番号の導入や徴収一元化の検討。
 一、学校、教師の評価制度の導入。
 ▽主張する外交で「強い日本、頼れる日本」
 一、「世界とアジアのための日米同盟」を強化させ、日米双方が「ともに汗をかく」体制を確立。
 一、開かれたアジアにおける強固な連帯の確立。中国、韓国など近隣諸国との信頼関係の強化。
 一、拉致問題、核・ミサイル問題など北朝鮮問題の解決を目指す。
 一、世界貿易機関(WTO)体制推進と同時に、自由貿易協定(FTA)や経済連携協定(EPA)の積極的活用により、アジア太平洋地域での共同体形成を強力に推進。 
  一、世界において責任ある役割を果たす国になる。人道復興支援、大量破壊兵器拡散防止など平和構築への積極貢献と人材育成。 
  一、官邸における外交・安全保障の司令塔機能を再編し強化。
 ▽党改革・新たな責任政党のビジョン
 一、候補者選定における公募・予備選挙の活用を徹底。
 ▽「戦後レジーム」から、新たな船出を
 一、21世紀の日本の国家像にふさわしい新たな憲法の制定に向けて取り組む。
 一、国連常任理事国入りを目指す。


21世紀に相応しい新たな憲法の制定,開かれた保守主義の意味がよく分かりませんでした。
もしかして現憲法の破棄→自主憲法の制定を目指してくれるのかな?,それなら大賛成ですけどね。国民投票法案さえ未だ議論されてない以上,改正よりも破棄の方が手続き上は現実的ではないですかね(別に筆者は維新政党・新風の党員でもなんでもありませんが,賛同できる部分は多いです)。
来年の参議院選挙で圧勝すれば,さらに現実味がアップするし,負けたら負けたで解散して信を問えばいいですしね。寧ろ,それくらいの強烈な意志でもって左翼が狂い出す程の過激さが欲しいところではあります・・・一応言っておきますが,これは筆者の妄想ですから。
開かれた保守主義というのはもっと理解できません。
戦後,ずっと閉じられてきた伝統的保守を取り戻すという意味なら理解可能ですし,賛同できます。でもそんな雰囲気ではないように思えますしね。その意味を問いただしたいところです。

まぁしかし,その辺りの覚悟が無いようでは拉致発覚以来,唯一?「拉致問題、核・ミサイル問題など北朝鮮問題の解決を目指す。」を政権公約に入れた決意が泣くのではないかと思いますが,如何でしょうか。
憲法問題より,まずやらねばならないことは「国民を取り戻すこと」,これが出来なければ全ては砂上の楼閣でしょう。

後ですね,サラッと「例大祭若しくは4/28(主権回復記念日)には靖国神社に公式参拝しますが・・・何か?」くらいは入れておくのも一考だったと思いますよ。

きれい事を言うつもりはありません。
この程度のことを言って総理になれないのを怖れているのなら,ここまで変になってしまった日本を変えることなんか出来ません。小泉さん以上の独裁者と云われる名誉(不名誉?)を重んじて下さい。

安倍氏に対して,以前にはあった期待感というものが消えつつあるのは,どうも”ある種の弱さ”を感じたからに相違ありません。総理への現実味が増すほどに反して降下していった力強さを,どう取り戻していくのかが安倍政権のキーポイントでしょう。
すでに,こうした弱さに付け入ってくる輩が続々と出てきてますよね,あれは無論,勝ち馬に乗るということもあるでしょう。しかし,それよりも,その弱さを利用して政権をコントロールしてやれといった思惑の方が強いのではないでしょうか。
中川秀直・・・彼は危険ですよね。媚特亜にして典型的な利権政治屋タイプ,おまけに媚米の可能性すらあるデンジャラスな男。彼の影響力を安倍氏はどうやって抑制するのか,或いは言いなりか。判断の難しいところです。

本当はもっと色々と言いたいことがあるのですが,上手く纏まらないので,最後は現実的に・・・まずはお手並み拝見といきましょうか。

(Supplement)

妄想ついでに・・・以下,希望人事です。

官房長官: 中川(酒) or 麻生
外相: 麻生(留任) or 高市早苗 or 櫻井よしこ(民間人)
経産相: 平沼(復党)
防衛庁長官: 西村眞悟(無所属だから可能,でもほぼ現実味なし)
法相: 稲田朋美
文科相: 山谷えり子(参院) or 稲田朋美
総務相: 古屋圭司(復党,筆者地元の選挙区)
拉致問題担当相(新設): 西村眞悟(無所属だから可能,でもほぼ現実味なし)

後はよく分かりません。ただ,いわゆる主張のブレる政治家は要りません。
後,カルトがうるさい場合には行革担当相にでもしておけばいい,文句言うなら直ちに追い出せ!
それと,オリンピック担当相は必要性をまったく感じませんので悪しからず。それよりも上の拉致問題担当相領土問題対策相を新設した方が国益上,有益です。



↑少なくとも麻生-中川(酒)ラインは外せないとお思いの方はクリックをお願い致します

Trackback:1

TrackBack URL for this entry
http://trekky.sakura.ne.jp/logs/sb.cgi/284
Listed below are links to weblogs that reference
安倍氏の出馬宣言 from もののふのこころ
安倍晋三氏をめぐる政界の動き from 陸奥月旦抄 2006/09/03 07:17 PM
 安倍晋三官房長官が9月1日に総裁選へ立候補して、この選挙運動も最終局面へ入った。安倍氏の公約詳細は、同氏のHPに詳しく掲載されている。http://w...

Home > Politics > 安倍氏の出馬宣言

Access

今日のカウンタ
昨日のカウンタ
Search
Feeds

Page Top