Home > Politics > 靖国さんと呼べるものは靖国神社だけで結構です

靖国さんと呼べるものは靖国神社だけで結構です


あの古賀がまたぞろ,ヘンテコなことを言い始めているようです.以下のニュースは「山崎派、新追悼施設を提言 総裁選へ向け」と連携した総裁戦用の靖国問題対策の一環でしょう.
「靖国」国家護持を…自民・古賀氏が主張

自民党の古賀誠・元幹事長(日本遺族会会長)は21日、党本部での中堅・若手議員の会合で講演し、靖国神社参拝問題に関連し、「誰もがわだかまりなく参拝できるよう、遺族会としてもう一度、『国家護持』という大きな旗を掲げたい」と述べ、靖国神社の国家管理化などを検討すべきだとの考えを示した。
 古賀氏は靖国神社からのA級戦犯分祀(ぶんし)を提唱している。

いい加減,分け御霊など出来ないことと踏んだ古賀が飽きもせずに考え出した愚策だと思いますね.国家護持と体裁の良い言葉で飾ってますが,本質は靖国神社を政府がコントロールして宗教色を廃し,いわゆるA級戦犯を霊璽簿から消し去ろうとする魂胆は見え見えです.命名は中共にでも頼んで,「靖国的国家追悼施設」とでもしましょうか,なんてことまで話し合ったりしてるかもです.
この男は自身のHPでも,つい最近出した政策提言にハッキリと以下のように述べています.
外国人も含めより多くの人々が、わが祖国に殉じた英霊に参拝されようにするには、戦没者ではない一部の英霊を分祀することも検討の対象となろう。

「外国人も含め」って,すでに戦後多くの外国人が多数参拝されてますが・・・”貴方の仰る外国人って”何処のどんな身分のお方ですか?
また,「戦没者ではない一部の英霊」という表現ですが,いわゆるA級戦犯の方々は形式上,法務死亡者ということになってはいます.しかしながら,例えば麻生氏などは講和条約(サンフランシスコ講和条約(1952年))が結ばれるまでは継続した戦争状態にあるとの見解を示されています.これに従うならば,講和条約前に連合国によって処刑された方々も立派な戦没者になるわけです.遺族会の会長で「我が祖国に殉じた英霊」と表現されるような方が,上記の見解を知らないはずもなく,かつその見解に与しないとは納得いきません.
特ア病に罹ると,やはり論理的な思考が出来なくなるのでしょう.



↑ご賛同頂けましたら,クリックをお願い致します


ところで,靖国の国家護持案ですが,何も古賀が初めて持ち出してきた事柄ではないようです.
これに関して,靖国神社元宮司の松平永芳氏(昨年7月没)が「誰が御霊(みたま)を汚したのか」と題して,”鎮守の森プロジェクト”というHPに寄稿されています.以下一部,引用させていただきます.
「国家護持」という言葉は戦後誰が言い出したのかは存じませんが、全国の戦友会や遣族会の方々が、何百万何千万という署名を一所懸命集められた。そして国会に何度か法案が提出されたものの、ついに通らずに廃案となった。いわば戦友会、遺族会の悲願中の悲願だったわけです。
しかし私は断乎反対いたしました。というのは、「靖國法案」をよく読むと、靖國神社という名称こそ残すものの、役員である理事長などは総理が任命するし、宗教色はなくせというのです。法制局の見解によれば、祝詞は感謝の言葉にかえ、降神、昇神の儀はやめる。修祓も別の形式を考案し、拝礼も自由にするという。つまり、政府はカネを出すかわりに政府が牛耳る。靖國神社と称するものの中身は神社ではなくなってしまうんです。
ところが、戦前派の人たちは、法制局がいじくった法案なんか目を通しませんし、国家護持といえば、今のままの姿の靖國神社を国が守ってくれると、日本人らしい純粋な気持で信じている。そこへ当の靖國神社の宮司が反対を打ちあげたものですから、すごい反撃でした。
しかし、人からおカネをもらえば、胸を張って言いたいことも言えなくなります。政府の庇護を受け、それに縛られていると、とんでもない政権が現われ、どんな目にあうか分らない。それに、村や町のお社だって、お祭りとなれば、氏子がめいめいに寄附するから、自分たちのお宮だという意識が生れる。これがすべて町費でやるとなれば、そうはいかない。だから靖國神社も、戦前と異質な戦後の国家による国家護持では危険なので、国民護待、国民総氏子でいくんだと、私は繰り返し申し上げた。それがだんだん分っていただけるようになったのは、結構なことだと思っています。
誤解がありまして、戦前はすべて国費によって運営されていた、国家護待されていたという人がいる。しかしそんなことはないんです。経理部長に命じて、明治の初めからこれまで百十数年の経常収支を棒グラフにしてみたんですが、それを見ても、戦前も、ほとんどが国民のお賽銭や寄附で賄われております。国庫からは供進金、大正になって寄附金という形で奉納されていますが、大部分は、いわゆる社頭収入によるものです。
ただし御祭神の決定は、何といっても戦死者の御霊ですから、他では分らない。陸軍、海軍でやっていた、という次第です。戦前から国民総氏子のお社なんですね。

これを拝読すれば,よく分かりますが,この国家護持案,国家護持という美しい言葉に騙された戦友会や遺族会の方々が要求した案だったようです.古賀は遺族会会長ですから,この誤解を知ってて当時のまま悪用したと云えるでしょう.ということは,遺族会には無断でこの案を掲げたか,一部の賛同者と一緒になって掲げたかのどちらかでしょうね.古賀のこうした行為は英霊を侮辱する行為であって,この男に靖国の御霊を英霊と呼ぶ資格など無いと云えましょう.
それと,戦前の靖国神社の運営資金は大部分が国民総氏子による寄付等であったというのも知りませんでした.戦前は国家神道の名の下に非常に封建的で窮屈な信仰を強要されたとの一般認識がありますが,決してそんなことはなかった,国民が自主的に御霊を尊崇するという自然なシステムが神道にはあったのだと云うことがこれを観ても分かります.
是非,次期政権では古賀や山崎のような輩が跳梁跋扈するような状況を作らぬようにして欲しいものです.



↑ご賛同頂けましたら,クリックをお願い致します


《 旧宮家復籍キャンペーンについて 》
拙ブログをご覧いただいている皆様方におかれましては既にご存じのこととは思いますが,「Let's Blow! 毒吐き@てっく」様の呼びかけにより,有志一同が昨今の皇室典範問題を鑑み,”旧宮家復籍キャンペーン”を行う予定であります.これにはすでに50名以上の心ある有志の方々が賛同,ご助力を願い出ておられます.
世界に類例のない万世一系の日本の皇統を護持するためには旧宮家の皇籍復帰が不可欠です.我々のような名も無き人間が皇統のすばらしさを広く世の中にお知らせするには草の根で地道に活動する以外に方法はありません.
広報・啓蒙活動はフラッシュムービーストリーム動画等を使って,それを皆様にご覧いただき,お考えになっていただくというスタイルを取る予定と聞いております.
現況に依りますと,動画等を置くサーバーの初期費用や維持管理費用が思いの外,かさむために資金的に十分とは云えない懸念が生じております.発起人のてっく様のご負担を少しでも軽くするためには,今以上のご助力をお願いするしかありません.引き続いての皆様方のご協力,ご援助をお待ちしております.

  ↓てっく様によるエントリーです(新着順)↓

Trackback:6

TrackBack URL for this entry
http://trekky.sakura.ne.jp/logs/sb.cgi/237
Listed below are links to weblogs that reference
靖国さんと呼べるものは靖国神社だけで結構です from もののふのこころ
靖国神社を政府管理にしたら・・・ from Independence JAPAN 2006/06/22 08:06 PM
 自民党の古賀誠が「靖国神社を政府管理に」と騒いでいるようである。 元記事  記事の中で古賀は 「国家護持の施設として宗教法人格を外す議論を始めな...
ん、やはり予定の通りだね from 三輪のレッドアラート 2006/06/22 09:44 PM
小泉政権の日本解体方針は「名乗れない日本」と言うやり口もあった。<a href="http://www.tesoro.st...
「国立追悼施設を考える会」の愚かな提言 from 新・へっぽこ時事放談 2006/06/22 11:58 PM
■靖国参拝「公人は違憲」 超党派議連提言案 新追悼施設建設を新たな国立戦没者追悼施設の在り方を検討する超党派の議員連盟「国立追悼施設を考える会...
靖国 from 共通テーマ 2006/06/23 06:35 PM
靖国神社への思い、靖国神社参拝問題に関する意見等々。こちらに書いてみませんか。
キャノンを応援 from 緑の木陰のつぶやき 2006/06/25 10:51 AM
'''経団連新会長の 御手洗冨士夫氏(キヤノン)'''||<#FFFFFF' ``||...
靖國訴訟、最高裁が妥当な判断を下す from 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN 2006/06/26 10:17 AM
【主張】靖国最高裁判決 首相は堂々と昇殿参拝を(産経新聞 主張 6/25) 6月23日、?國訴訟の最高裁の判決があり、大阪高裁が言い渡した判決に...

Home > Politics > 靖国さんと呼べるものは靖国神社だけで結構です

Access

今日のカウンタ
昨日のカウンタ
Search
Feeds

Page Top