Home > CurrentTopics > 恐いのは弾頭より燃料かも?

恐いのは弾頭より燃料かも?


ここの所,本業に精を出していましたんで周辺ニュースに疎くなってますが,それにしても北は本気なのでしょうかね?
今更,アメリカが譲歩することなどあり得ないと思うんですが,馬鹿というかナナメ上というか,本当に将軍様が実権握ってるのかさえ分からない状況ですね.今回の場合,ほぼ一月前から状況がモニタリングされているし,テポ1(1998年)時の準備段階とも酷似しているそうなので打つ可能性は結構高いと,筆者は勝手に観ていますが果たしてどうなるでしょう.燃料の注入が完了したのでは?という以下のニュースソースが本当だとするともう打つしかないでしょうね.
テポドン燃料注入完了か 発射間近の可能性

【ワシントン18日共同】ロイター通信によると、複数の米政府当局者は18日、北朝鮮が発射準備を進めている長距離弾道ミサイル「テポドン2号」の燃料注入を完了したとみられると語った。
発射が間近に迫っている可能性が高まったとしている。当局者は、燃料注入後の抜き取り作業は難しいため、発射取りやめの可能性は小さいと述べた。 
米政府当局者は、偵察衛星写真などを基に分析した。 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は18日、衛星写真はミサイルの発射台にブースターが取り付けられ、燃料タンクがミサイルに据え付けられている様子をとらえていると伝えた。

このニュースの元記事は以下のロイターニュース.
WASHINGTON (Reuters) - North Korea is believed to have completed fueling a missile capable of reaching Alaska, raising the probability of an imminent test launch, U.S. officials said on Sunday.
The United States plans to join Japan in a sharp response if the test goes ahead. Washington has warned Pyongyang against the launch in a message passed to North Korean diplomats at the United Nations but there was no response, American officials told Reuters.
The officials, speaking on condition of anonymity, said Pyongyang could still decide to scrap the launch, but that was unlikely given the complexity of siphoning fuel back out of a missile prepared for launch.

液体燃料のヒドラジン(若しくは非対称ジメチルヒドラジン)は非酸化状態さえ守っていればそんなに不安定なものでは無いものの,注入しちゃったら再び戻すのはめんどくさいので,あの北なら打つ可能性は高いですね(空気に触れないようにするのが結構難しいのかも).しかし,実際に注入したという確証でもあるのかな.
まぁなるべく本物っぽく演出するのなら,空タンクから注入しているフリをすればいいだけですからね.アメリカの軍事衛星に積まれた解析機器はどの位の分解能があるのでしょうか.以前に,家の中にあるカレンダーの文字まではっきり分かるって聞いたことありますが,これが本当ならば,今ならさしずめ映っている物質のスペクトル解析まで出来たりして(トリコーダーみたいに)・・・これは冗談ですが.



↑ご賛同頂けましたら,クリックをお願い致します


ところで,この液体燃料であるヒドラジンとくれば,有名な?長征3B号の隠蔽された惨事(長征3B号(CZ-3B)の失敗)が有名ですね.この映像はスカパーのディスカバリーチャンネルでも放映されたらしいので,何処かにアップされた動画をご覧になった方も多いと思います(ここで見ることが出来ます).これを見ると,「燃料のヒドラジンで町や人が溶けてしまい・・・」なんて(オイオイ),可成り大袈裟に表現されていますが,その村が壊滅的な被害を受けたことは動画からも分かります.
ヒドラジンは強烈な還元性物質で,かつ腐食性を持っていますので,人体に付着すると大変なことになるのがわかります.(1-1 ジメチルヒドラジンの製品安全データシート[MSDS]).さらに,ロケット燃料の場合はロケット墜落という事象を伴っていますから,大量・広範囲に飛散し,しかも気化したガスが漂った日にゃ堪ったもんではありません.尤も,北も中共と同じ人権無視の外道集団ですから,こういうことは自国で散々に実験済なことなのかもしれませんが.
いずれにしても,北のような幼稚なキ印集団がこうした危険なものを扱う時に恐いのは中途半端に失敗した場合です.テポ2が日本から遠く離れた海上にでも落ちてくれれば未だいいのですが,失敗して陸地に,しかもそれが日本の国土で人口密集地だったりした場合には,例え試射であったとしても被害は甚大でしょう.寧ろ,怖れなければならないのは,先っぽの弾頭より猛毒の燃料にあります(燃料を使い切ったところで落ちた場合は別ですが・・・).
ですから,試射がハッタリで有ろうと無かろうと,政府はこんな悠長なことを言っていては駄目なんですよ.
安倍官房長官:テポドン発射なら厳しい対応

安倍晋三官房長官は19日午前の記者会見で、北朝鮮が「テポドン2号」を実際に発射した場合の対応について「当然、日米で協調して厳しい対応を取っていく」と述べた。さらに「ミサイル発射で得る利益は何もない」と警告した。【犬飼直幸】

アメリカはテポ2がロングレンジであることを知ってはいても,自国に向けて打つことはあり得ない(脅し目的)と思っていますよ.当然,この手のミサイルが実射される時の目標は飽くまで日本だと云う認識をもってもらいたいですね.今更,平壌宣言違反だとか,経済制裁の検討とか言っているようじゃ,北にとっては何処吹く風でしょう.協調より先に,まずわが国がどう対処するのかをハッキリと北に向かって言うべきです.
ここは「ミサイル発射で得る利益は何もない」ではなく,「北はミサイルを発射したことを死ぬほど後悔することになろう!!」くらい言ってやれ!

追記:テポドン2の燃料について以下の情報があります. このサイトに依れば,ケロシン(灯油)+赤煙硝酸系酸化剤となっています.
Fuel TM-185 (20% Gasoline + 80% Kerosene) Oxidizer AK-27I (27% N2O4 + 73% HNO3 + Iodium Inhibitor)


一方,このサイトに依れば,やはり非対称ジメチルヒドラジン+赤煙硝酸系酸化剤となっています.
第1段はノドン・ミサイルを基礎としており、燃料のUDMH(Unsymmctrical Dimethyl Hydrazine:非対称ジメチルヒドラジン)のタンク、酸化剤であるIRFNA(Inhibited Red Fuming Nitric Acid:抑制赤煙硝酸)タンク、燃料と酸化剤を混合して噴射する燃料ポンプ、およびロケット・エンジンを内蔵する。


ただし,こちらはテポドン1の場合です.私見では余程の理由のない限り,効率の悪いケロシンに変える理由が分かりません.よって,テポ2もヒドラジンではないかと思います.
しかしながら,神浦氏のサイトをみると,アメリカの偵察衛星は弾頭部分を液体酸素?で冷却していたとの情報があります.上記の燃料ならば共に冷却する必要はないと思うし,かなり長期間安定と思われます(ヒドラジンの場合,耐腐食容器が必要ですが).
尤も冷却するだけなら,高価な液体酸素よりも液チ(液体窒素)の方が安いし安全です. また燃料として使っているのなら,打つ気がなければ,ほっとけば蒸発してしまいますので得られた情報と矛盾します(液酸なんて,ごく初期時代の燃料ですし).

以上を考えると,やはり燃料注入完了か?といっても,結構ブラフなんじゃないかと思えてきました.アメリカが煽っている可能性もありますね. 無論,ヒドラジンならば,北の技術レベルを考慮すれば危険であることに変わりはありません.

*  些か仕事が詰んでいるので,更新のインターバルが空くかもしれません.



↑ご賛同頂けましたら,クリックをお願い致します


《 旧宮家復籍キャンペーンについて 》
拙ブログをご覧いただいている皆様方におかれましては既にご存じのこととは思いますが,「Let's Blow! 毒吐き@てっく」様の呼びかけにより,有志一同が昨今の皇室典範問題を鑑み,”旧宮家復籍キャンペーン”を行う予定であります.これにはすでに50名以上の心ある有志の方々が賛同,ご助力を願い出ておられます.
世界に類例のない万世一系の日本の皇統を護持するためには旧宮家の皇籍復帰が不可欠です.我々のような名も無き人間が皇統のすばらしさを広く世の中にお知らせするには草の根で地道に活動する以外に方法はありません.
広報・啓蒙活動はフラッシュムービーストリーム動画等を使って,それを皆様にご覧いただき,お考えになっていただくというスタイルを取る予定と聞いております.
現況に依りますと,動画等を置くサーバーの初期費用や維持管理費用が思いの外,かさむために資金的に十分とは云えない懸念が生じております.発起人のてっく様のご負担を少しでも軽くするためには,今以上のご助力をお願いするしかありません.引き続いての皆様方のご協力,ご援助をお待ちしております.

  ↓てっく様によるエントリーです(新着順)↓

Trackback:6

TrackBack URL for this entry
http://trekky.sakura.ne.jp/logs/sb.cgi/235
Listed below are links to weblogs that reference
恐いのは弾頭より燃料かも? from もののふのこころ
タローVSテポドン from 或る浪人の手記 2006/06/19 07:52 PM
 昨日18日に発射される事は無かったものの、北朝鮮が長距離弾道ミサイル・テポドン2号の発射準備を進めている問題は、未だ予断を許さない状況下にあると言えます...
安倍晋三統一協会祝電問題 from 東急不動産東急リバブル不買宣言 2006/06/19 08:22 PM
『安倍晋三統一協会祝電問題』を一切無視する「巨大マスゴミ」を許すな!! 「対米売国」どころか「対朝売国の対中売国」、挙句の果ての「対韓売国(統一協会)...
北朝鮮のミサイル発射 from ikeday1な日々 2006/06/19 08:29 PM
北朝鮮ミサイル実験場をGoogleEarthで検索する記事を昨日書いたが、「ひろたろう」さんという方が、正確な座標を教えて下さった。本当に有り難うございま...
■外務省の仕事をすれば? from  ◆ ケシクズ ◆ 2006/06/19 10:49 PM
 ・麻生外相、経済制裁を示唆 テポドン2発射あれば 早速揚げ足を取られている某外務大臣。マスコミに美味しい言葉をくれちゃったもんねぇ。 「手の内を...
アイヤー、ワタシのロケットはだめアルカ? from worldwalker's weblog (・∀・)! 2006/06/22 02:00 PM
もういらんやろ、対中ODA
鮮度が失われつつある from もののふのこころ 2006/07/11 01:23 PM
【告知】北朝鮮からすべての拉致被害者を奪還する国民大行進【告知】 ...

Home > CurrentTopics > 恐いのは弾頭より燃料かも?

Access

今日のカウンタ
昨日のカウンタ
Search
Feeds

Page Top