Home > Misc.Impressions > 荒川区議・小坂英二氏を応援します

荒川区議・小坂英二氏を応援します


人気ブログランキングの政治部門で現在31位(5/30現在)にある”荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感”は時々,拝読している巡回ブログの一つだ.筆者はチャンネル桜の番組で何度か小坂区議のお姿やご発言を拝見している.筆者は小坂氏を度重なる誹謗・中傷をものともせずに,区議という立場から常に凛とした政治姿勢を貫いておられる憂国の志士だと思う.
そんな氏の5/29付けのエントリー”朝鮮学校に関連する保護者補助金の範囲拡大!違法行為に対して区から1人あたり年間8万4千円の補助金”を拝読して,地方行政への未だに消え去らない朝鮮総連の侵食度合いを垣間見た.
詳細は当該エントリーを参照していただきたいが,はっきり云って朝鮮学校は朝鮮総連の下部組織である.別に教室内に金親子の肖像画があろうとチュチェ思想を母体とした民族教育をやろうと構わない.問題はそれにも拘わらず,わが国の正式な教育機関と同様なる権利を取得しようと様々な工作・圧力を掛けてくることにある.義務を無視して権利のみを主張する,まさに在日朝鮮人の典型的なスタイルを具現化したものだ.
この問題は朝鮮新報の以下の記事(抜粋)が元になっている.
東京 日朝友好区議連絡会 朝鮮学校支援の輪 各地に

荒川区では昨年、区議や市民らの尽力により、日本国籍を含む2重国籍の朝鮮学校生徒たちの保護者にも補助金が支給されるようになった。また東京朝鮮第1初中級学校の創立60周年行事を、力を合わせて成功させた。
超党派で議員らが参加を呼びかけた結果、来ひんに70人以上の日本人士が名を連ねた。同校の目の前に住んでいるという茂木ひろし・荒川区議は、町内の人に行事への参加や学校支援を呼びかけた。「みんなで協力すれば立派な応援ができる」と語った。

茂木ひろし・荒川区議とはこの人(荒川区議会議員 もぎ 弘)のことかな.れっきとした自民党の議員.どういった経緯でやっているのか知らないが,もしこの方が「北朝鮮は悪い国だが,罪もない在日朝鮮人とは無関係で,ましてやその子供達が謂われのない迫害や差別を受けてはいけない」と思っているのなら,少々認識不足だろう.これはヘイトとは何の関係もない.彼らが朝鮮籍をもっているのは自己都合だし,それが国交の無い国のものだからってわが国には関わりのないことだからだ(責任は飽くまで北朝鮮にあることは明白である).我々と同じ権利を持ちたかったら同じ義務を果たすのみ,当然のことだ.さらに,生徒の親は就学義務違反を犯していることが明白であるにも拘わらず,見境無く補助金を支給しているわけで,区としてのコンプライアンスは如何ばかりかという問題もある.



↑ご賛同頂けましたら,クリックをお願い致します


小坂氏は同エントリーで,以下の心情を吐露されていた.

最後に、この場を借りて書かせていただきます。
こうした関連の事柄に関して「おかしいぞ!」と明確な姿勢を示すと、「黙らせたい」人達から直接的、間接的に様々な働きかけが来ます。直接的なものは、理論で返せば何ともないのですが、間接的なものは、正直、非常に厳しい面も有ります。詳しくは書きませんが、小坂の選挙基盤を崩そうと、悪意に満ちた話を支持者の周辺に流布したり、迂回して圧力をかけたりする訳です。
それで、心有る支持者の方は心配して「理屈で正しいのはわかるが、選挙基盤も固まっていないのだから、そうして正面切ってつぶされたら、自分の為にならないよ」とおっしゃる方も2桁以上います。 
しかし、ここで初心を忘れては何の為に議員になったのかわかりません。「次の選挙のために、おとなしくしてた方が良い」「もっと偉くなったら、本格的に取り組めば良い」・・・。そうしたアドバイスはいただきますが、私はそうは思いません、今、現在の活動をないがしろにして、将来の正しい政治活動に結びつく訳はありません。主張すべきことを主張し、それで、結果として落選したのなら、その結果は甘んじて受けます。それは、小坂のような議員を選挙民は求めていないということですから・・・。 
議員として税金から給与(報酬)を頂いている以上、目の前に有る問題を保身のために見過ごすことは、私に投票してくださった1674人の方だけでなく、19万余人の荒川区在住の方への裏切りともなります。
主張を貫いて落選するなら、結構!平成15年4月に区議会議員となってから、捨て身で区政に取り組んできたつもりですが、今更、それを変えるつもりは有りません。


氏の行動は在日朝鮮人への差別から行っているものではない.不当な優遇への抗議である.それを公平に是正するためのものだ.
以前からある人が在日朝鮮人に不利な状況を作ると,決まって訳の分からない誹謗・中傷,時には暴力さえ,その人は受けることになる.大抵はそれに屈して黙るようになるが(マスコミなどはよい例だ),小坂氏はたとえ選挙に落選しようが姿勢を変えないと仰っている.これぞ,真のパブリック・サーバントだと思う.
どこぞのカルト団体に気兼ねして,主張と異なる法案を通そうとしたりする議員には耳の痛い話だろう.カルトの応援がないと当選できないようなものに議員など名乗る資格はない.
小坂氏の「今、現在の活動をないがしろにして、将来の正しい政治活動に結びつく訳はありません。」をよーく胸に手を当てて唱えてみるといい.
筆者は今後もこのような小坂氏を応援します.

オマケといっては何だが,またも香ばしい朝鮮新報を観てしまったので以下の記事.

右傾化のうねり-過ち悔いる真の勇気こそ

激しいナショナリズムのうねりが日本を覆いつくしているかのようだ。 独島、靖国問題、改憲、教育基本法改悪、共謀罪…と行き着くところまでいくのか、と見ている。
 北朝鮮と戦争も辞さない、生殖能力のないババアは女じゃない、などの数々の暴言で知られる石原東京都知事、核武装を公言する元政務次官など枚挙にいとまがない。 
書店には歴史修正主義者たちの本が山積みされている。「(彼らは)日本の過去を賛美する『心地よい』歴史を語る一方で、韓国、朝鮮人への蔑視とアメリカへの非難をあらわにしている」とアンドル・ゴードン・ハーバード大学ライシャワー研究所所長は批判する。
 彼らの論法を「自国の偉大な点は精いっぱい強調する代わりに、過去の罪状については無視するか否定するという、砂糖にくるまれた愛国的な歴史を唱えている」と同氏は一喝する。全く同感だ。 
人類の歴史をひもとくと米国の奴隷制と人種差別の歴史、朝鮮戦争、ベトナム戦争、イラク戦争などにおける大量殺りく。また、日本は朝鮮半島やアジア全域で、フランスはインドシナで、イギリスはインドで、オランダはインドネシアでひどい侵略戦争と植民地支配を行った。彼らは口では文明を唱えながら、実際には野蛮そのものの政治を行ったのだ。
 このようなおぞましい歴史に向き合う時、次の世代に何を教えるべきか。
過去を美化し、誇りの教育を求めるのではなく、「まず、自国が何をやったのか」を徹底的に自らの手で追及し、真摯に反省することから始めるべきであろう。 あやまちを悔いる真の強さと正直さこそ、人間にとっても、国家にとっても価値ある生き方であろう。


狂おしいほどに典型的なブーメラン記事.返ってきたブーメランに八つ裂きにされるのでは?
特に赤字部分だが,やはりこれ,偉大なる将軍様への命を懸けたレジスタンスか何かですかね?



↑ご賛同頂けましたら,クリックをお願い致します


《 旧宮家復籍キャンペーンについて 》

拙ブログをご覧いただいている皆様方におかれましては既にご存じのこととは思いますが,「Let's Blow! 毒吐き@てっく」様の呼びかけにより,有志一同が昨今の皇室典範問題を鑑み,”旧宮家復籍キャンペーン”を行う予定であります.これにはすでに50名以上の心ある有志の方々が賛同,ご助力を願い出ておられます.
世界に類例のない万世一系の日本の皇統を護持するためには旧宮家の皇籍復帰が不可欠です.我々のような名も無き人間が皇統のすばらしさを広く世の中にお知らせするには草の根で地道に活動する以外に方法はありません.
広報・啓蒙活動はフラッシュムービーストリーム動画等を使って,それを皆様にご覧いただき,お考えになっていただくというスタイルを取る予定と聞いております.
現況に依りますと,動画等を置くサーバーの初期費用や維持管理費用が思いの外,かさむために資金的に十分とは云えない懸念が生じております.発起人のてっく様のご負担を少しでも軽くするためには,今以上のご助力をお願いするしかありません.引き続いての皆様方のご協力,ご援助をお待ちしております.

  ↓てっく様によるエントリーです(新着順)↓

Trackback:1

TrackBack URL for this entry
http://trekky.sakura.ne.jp/logs/sb.cgi/222
Listed below are links to weblogs that reference
荒川区議・小坂英二氏を応援します from もののふのこころ
なぜエセ同和行為はなくならないのか from なめ猫♪ 2006/06/01 06:26 AM
  大阪の同和利権問題が次々明らかとなる中、福岡において相変わらず同和団体を騙る団体のエセ同和行為が行われているようです。 今朝の西日本新聞に以下...

Home > Misc.Impressions > 荒川区議・小坂英二氏を応援します

Access

今日のカウンタ
昨日のカウンタ
Search
Feeds

Page Top